4月に史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になる大阪市の小学4年生、仲邑菫さん(9)が20日、台湾の女流棋士、黒嘉嘉七段(24)との記念対局を行い、228手までの熱戦の末、敗れた。

 黒七段は世界トップレベルの実力者で、モデルとしても活動している。対局は持ち時間各10分、黒番の仲邑さんがやや有利になるハンディで行われた。

 対局終了後、黒七段は仲邑さんについて「落ち着いていて感心した。もうすぐ10歳でこれだけ打てるのはすごい」と語った。 

〔写真説明〕対局後、笑顔で撮影に応じる仲邑菫さん(左)と黒嘉嘉七段=20日午後、東京都千代田区

〔写真説明〕真剣な表情で黒嘉嘉七段と対局する仲邑菫さん=20日午後、東京都千代田区

対局後、笑顔で撮影に応じる仲邑菫さん(左)と黒嘉嘉七段=20日午後、東京都千代田区


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【仲邑菫さん、台湾女流棋士に敗北-囲碁】の続きを読む