芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ: 教養


    藤井聡太七段が初和装で“オールスター戦”初戦対局


    NO.7687738 2019/08/11 17:22
    藤井聡太七段が初和装で“オールスター戦”初戦対局
    藤井聡太七段が初和装で“オールスター戦”初戦対局
    トップ棋士12人だけが出場できる公開対局「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」の1回戦、藤井聡太七段(17)対三浦弘行九段(45)戦が11日、福岡市の福岡国際センターで始まった。

    初出場の藤井はプロ入り後、初の和装で対局に挑んだ。

    対局前の壇上では「昨日も福岡でおいしい食べ物をたくさんいただいた。その力できょうは頑張りたい」と意気込みを語った。

    両者は初対戦。

    振り駒の結果、藤井が先手に決まった。

    午後3時半すぎ、お互いに深々と一礼し、対局を始めた。

    藤井は飛車先の歩を突いた。

    三浦は同様に飛車先の歩を突いた。

    藤井は三浦の印象について「非常に終盤が鋭い先生です。自分も精いっぱい指したい」と話した。

    JTプロ公式戦はタイトル保持者ら日本のトップ棋士12人が出場する年に1度の大会。

    トーナメント形式で全国11都市を6〜11月に転戦する。

    プロ野球で言うなら「オールスターゲーム」。

    藤井は昨年の賞金ランキングで12位に入り、最年少で今大会の出場権を得た。

    対戦相手の三浦は同大会優勝経験がある。

    96年夏、棋聖戦挑戦者として、当時タイトル7冠を独占していた羽生善治九段(48)から棋聖のタイトル..



    【日時】2019年08月11日 16:48
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】


    【藤井聡太七段が初和装で“オールスター戦”初戦対局】の続きを読む


     将棋の藤井聡太七段(17)が8月6日、順位戦C級1組3回戦で金井恒太六段(33)を92手で下し、無傷の3連勝で首位をキープした。

     1、2回戦と快勝してきた藤井七段は、金井六段を相手に、夕食休憩の午後6時までに、28手しか進まない超スローペースの対局の中、少しずつ差を広げて自分のペースに。それでも終盤、金井六段の猛追に苦しめられると、最後は持ち時間も使い切り、1分将棋でなんとか振り切る冷や汗の勝利となった。対局後は「序盤から一手一手、非常に難しい将棋でした。自信のない戦いが続きました。1分将棋に入ってからは全然わからなかったです」と激闘を振り返った。3連勝については「次局以降も一局一局が大事だと思うので、全力を尽くして指せたらと思います」と語った。次戦はベテラン高橋道雄九段(59)と4連勝をかけて戦う。

     今期のC級1組には36人の棋士が参加。全棋士が10局ずつ指し、上位2人がB級2組へと昇級する。10戦全勝の場合は、3人以上でも全員が昇級する。藤井七段は昨年、9勝1敗と好成績を収めたものの、前期の成績をもとにした「順位」が、9勝1敗で並んだ4人の中で最も低かったため、昇級を逃した。

     今期の順位は「3位」で、既に1位、2位の棋士が黒星を喫しており、3連勝の藤井七段は、現段階で同組首位に立っている。総当たりではないため、昇級には昨期同様に全勝か、それに近い成績が必要だが、この日の勝利で昇級に向けて確実に一歩前進した。

     順位戦を勝ち上がった先にあるのは名人だが、史上最年少での名人は、谷川浩司九段(57)が記録を持つ21歳2カ月。この記録を更新するには、今期から3期連続昇級でA級まで駆け上がり、かつA級1期目で挑戦権獲得、奪取する必要がある。

    (C)AbemaTV
    藤井聡太七段、3連勝で同組首位キープ 深夜の熱戦に勝利/将棋・順位戦C級1組


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【藤井聡太七段、3連勝で同組首位キープ 深夜の熱戦に勝利/将棋・順位戦C級1組】の続きを読む


    ひふみんが『鉄腕DASH』0円食堂に登場し長瀬・国分と珍道中 次回の出演希望地域も話題に | ニコニコニュース



    加藤一二三(画像は加藤一二三公式ツイッタースクリーンショット

    24日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に将棋棋士のひふみんこと加藤一二三九段が出演。長瀬智也国分太一とともに神奈川県横須賀市を訪れ、「0円食堂」に挑戦した。

     

    ■いきなりひふみんワールドが炸裂

    長瀬と国分とは初対面となるひふみん。念のため嫌いな食べ物を聞くと「イカとタコ、そしてエビ」だという。一方で好きな物は「甘エビ」と甲高い声で説明。TOKIOの2人はつい驚きの声を上げてしまう。

    早速ワールドが炸裂すると、将棋好きという長瀬とひふみんコンビを組んで食料探しへ。まずは葉山牛に狙いを定め、肉の加工会社を訪問するが、「捨てるものはない」と断られる。

    しかし長瀬が「牛脂とかも…?」と聞くと、担当者は「そう来たか」と一言。提案は妙手だったようで、廃棄する予定だった牛脂が存在し、見事に手にいれる。棋士の加藤九段も感服する「読み」だった。

     

    ■1人で食材探しへ

    次にひふみんは1人で食材探しへ。「0円食堂」では鬼門の鶏卵工場を訪れ、

    「あの、あの、テレビのですね、『鉄腕DASH』という番組でですね、0円食堂ということですね、ご厚意で頂けるものがあればですね、分けてもらえるものがありましたらお願いしたいんですけども」

     

    と交渉。担当の女性は少々困惑気味だったが、工場長は3年前神木隆之介ゲスト出演した際にも卵を分けたことがあり、主旨を理解しヒビ割れた卵5つをおすそ分け。ゲットしたひふみんは「ありがとうございます」と礼をする。

    礼で始まり礼で終わる棋士らしい振る舞いを見せた。


    ■キャベツ農家でも…

    さらに気を良くしたひふみんは、キャベツ農家を訪問。ここでも「こんにちは。将棋の加藤です」と丁寧に挨拶をする。しかし担当の女性は主旨が理解できないようで、「息子がいないからわからない」と困惑してしまう。

    するとひふみんは、

    「0円食堂といいまして、キャベツがおありとだと思うんですけども、もし、いわゆる、簡単に言うと、プレゼントしていただけないかと思うんですけども」

     

    と少々主旨と違う言葉で交渉。しかし女性いわく、この日は雨でキャベツの収穫をしていないのだという。しかし「ブロッコリーはある」ということで、プレゼント

    スタッフアウト宣告を行おうとするが、「捨てるもの」とのことで、セーフに。さらにネギと人参ももらい任務を完了させた。

     

    ■79年の生涯で初めての料理も

    料理シーンでは79年生きてきて料理をしたことがないというひふみんが、ネギと「のらぼう菜」を切る。初めてにしては、かなり器用な手付きだった。

    あとは長瀬と国分が硬い食べ物が苦手なひふみんのために、柔らかい料理を作る。出来上がったのは、お稲荷さん・アクアパッツァすき焼きの三種類。

    3人はその味を提供してくれた人々と十分に堪能。そして最後に国分から「次、どこか行きたいところありますか?」と聞かれると、ひふみんは「うんと、あの、川越とか」と驚きの一手を放ち、今回の『0円食堂』は終了となった。


    ■「また見たい」の声

    将棋棋士として名人位など数々のタイトルと棋戦優勝経験を持つ加藤九段。79歳にして人と触れ合いながら食材を集めていく「0円食堂」に進んで参加し、孫ほど離れた長瀬・国分といいコンビネーションを見せたことに称賛や「また見たい」という声が上がった。







     

    ■加藤九段はTwitterで謝辞

    「神武以来の天才」といわれた大棋士でありながら青いジャージを着て奮闘したひふみんこと加藤一二三九段は、放送終了後以下のようなツイートで謝辞を述べた。


    初登場ながら番組に大きな爪痕を残し、長瀬・国分とも良いコンビネーションを見せた加藤九段。次回の川越編にも期待したい。

    ・合わせて読みたい→『鉄腕DASH』予告に木村拓哉が登場し視聴者騒然! 長瀬智也、国分太一と「0円食堂」挑戦へ

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    ひふみんが『鉄腕DASH』0円食堂に登場し長瀬・国分と珍道中 次回の出演希望地域も話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【登場】ひふみんが『鉄腕DASH』0円食堂に登場し長瀬・国分と珍道中 】の続きを読む


     4月に史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になる大阪市の小学4年生、仲邑菫さん(9)が20日、台湾の女流棋士、黒嘉嘉七段(24)との記念対局を行い、228手までの熱戦の末、敗れた。

     黒七段は世界トップレベルの実力者で、モデルとしても活動している。対局は持ち時間各10分、黒番の仲邑さんがやや有利になるハンディで行われた。

     対局終了後、黒七段は仲邑さんについて「落ち着いていて感心した。もうすぐ10歳でこれだけ打てるのはすごい」と語った。 

    〔写真説明〕対局後、笑顔で撮影に応じる仲邑菫さん(左)と黒嘉嘉七段=20日午後、東京都千代田区

    〔写真説明〕真剣な表情で黒嘉嘉七段と対局する仲邑菫さん=20日午後、東京都千代田区

    対局後、笑顔で撮影に応じる仲邑菫さん(左)と黒嘉嘉七段=20日午後、東京都千代田区


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【仲邑菫さん、台湾女流棋士に敗北-囲碁】の続きを読む

    このページのトップヘ