芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:スポーツ > 水泳


    『池江璃花子』19歳誕生日




    【『池江璃花子』19歳誕生日】の続きを読む


    『池江璃花子』先月一時退院




    【『池江璃花子』先月一時退院】の続きを読む


    池江璃花子選手 日本大学に入学 式は欠席 白血病治療中


    NO.7382593 2019/04/08 17:51
    池江璃花子選手 日本大学に入学 式は欠席 白血病治療中
    池江璃花子選手 日本大学に入学 式は欠席 白血病治療中
    白血病の治療を続けている競泳の18歳、池江璃花子選手が日本大学に入学しました。

    これは池江選手の所属マネジメント会社が発表しました。

    それによりますと池江選手は、日本大学のスポーツ科学部に入学し、水泳部に入部したということです。

    競泳女子100メートルバタフライなどの日本記録を持つ池江選手はことし2月に白血病と診断されたことを公表し、現在は治療を続けています。

    きょうの日本大学の入学式は欠席したということです。



    【日時】2019年04月08日 16:35
    【ソース】NHK


    【池江璃花子選手 日本大学に入学 式は欠席 白血病治療中】の続きを読む


     白血病であることを公表し、現在闘病中の競泳女子・池江璃花子選手(18)が6日、自身のツイッターを21日ぶりに更新し「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます」と、つらい現状を報告。それでも「負けたくない」と強い思いを記した。

    【動画】骨髄バンク登録の重要性説く「せやろがいおじさん」

     池江選手のつぶやきにフォロワーからは「今まで頑張ってきたんだからこんな時は弱音吐いていいんです!」「治療でとんでもなく辛い時は1番自分を労わって褒めてあげる時だと思います、私はそうでした。沢山自分に優しくしてください。どうか無事ひとつの峠を乗り越えられますように」「がんばれ。りかこちゃんなら勝つ。絶対勝つ」など、励ましの言葉が続々と届いている。

     池江選手は、先月12日にツイッターを通じて白血病と診断されたことを公表。「未だに信じられず、混乱している状況」と率直な思いを記した。池江選手の公表に、競泳界だけではなく、各界、そして世界から激励の言葉が届いた。

     翌13日には「皆様からの励ましのメッセージの中に『骨髄バンクの登録をした』『輸血、献血をした』など、沢山の方からメッセージを頂きました。私だけでなく、同じように辛い思いをしてる方達にも、本当に希望を持たせて頂いてます」と感謝の思いをつづり「必ず戻ってきます」とメッセージしている。

    競泳・池江璃花子選手 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【画像有】白血病の池江選手、闘病の現状明かす「数千倍しんどい」 21日ぶりのつぶやき】の続きを読む


     競泳女子の池江璃花子選手(18)が12日、自身のツイッターを更新し、白血病と診断されたことを公表。「未だに信じられず、混乱している状況」と率直な思いを記した。

    【画像】競泳・池江璃花子選手のコメント

     池江選手の公表を受け、自身もかつて白血病と闘病した俳優の渡辺謙(59)は「どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています」とツイート

     中川翔子ツイッターで「日本骨髄バンク ドナー登録をお考えの方へ コンテンツ一覧」として紹介し「わたしの父が亡くなった頃の時代よりも白血病は治療の方法や選択肢は増えていると思いたい。骨髄バンクのドナー登録は献血ルームで採血することで可能です。シンプルです。だれかの未来の治療選択肢、可能性の道につながるので、一人でも多くのドナー登録を願っています」とメッセージした。

     そのほかにも、元水泳選手の田中雅美氏(40)は、同日の日本テレビ系夕方のニュース番組『news every.』(月~金 後3:50)でエールの言葉を添え、アテネオリンピック北京オリンピックロンドンオリンピックリオデジャネイロオリンピック日本代表の松田丈志氏(34)は、TBS系夕方のニュース番組『Nスタ』(月~金 後3:50~)に電話取材に応じ、同様に応援の言葉を送った。

     また、競泳の松井弥生選手(28)もツイッターで「帰ってきたときに、弥生さん遅いです!って笑われないように明日からの練習もより一層頑張る。わたしの夢は、璃花子とリレーを組んで、オリンピックメダルを獲ること。それは復帰を決めた時から変わらない。だからわたしが頑張る。安心して治療に専念して欲しい」と伝えた。

     池江選手のツイッターにも「池江璃花子さんが行く予定のキャンパスに通う3年生の者です 私も昨年20歳で、同じ血液の病気になりました(中略)私は泳げませんが、応援しています」。「診断結果を聞いた時のあなたの気持ちを思うと胸が締め付けられます。私も病名は違いますが2回癌を経験しています。(中略)完治させて再び元気な姿を見せてくれることを願ってます」と励ましやエールコメントが続々と届いている。

     同日行われた日本水泳連盟の会見では上野広治副会長は、病気の公表は池江選手の「本人の希望」であったことを報告。会見には、上野副会長のほか日本水泳連盟の青木剛会長、池江選手が所属するルネサンス吉田正昭社長、三木二郎コーチが出席。吉田社長と三木コーチが先月からのオーストラリア合宿中に池江選手が体調不良を訴え、帰国してからの検査で白血病と診断されたことを説明。

     質疑応答で池江選手の今後の治療方法を聞かれた上野副会長は「現状ではなんともお話できる状況ではない。3連休を含めて今日からスタートしている状況ですので、今の現状でいち早く本人の希望で、病名を含めまして発表させていただいたというところをご理解いただければ」と語った。

    競泳・池江璃花子選手 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【白血病公表の池江璃花子選手へ激励続々 中川翔子は骨髄バンクのドナー登録呼びかけ「可能性の道につながる」】の続きを読む

    このページのトップヘ