芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ: スポーツ


    【画像有】サッカー『プレミアリーグ』 マンチェスターVSウェストハム




    【【画像有】サッカー『プレミアリーグ』 マンチェスターVSウェストハム】の続きを読む


    【祝】バスケ日本代表W杯出場!




    【【祝】バスケ日本代表W杯出場!】の続きを読む


    【画像有】紀平が逆転優勝




    【【画像有】紀平が逆転優勝】の続きを読む


    前代未聞!? 交代拒否GKに監督激高… ファンもブーイング「何やってんだ…」



    EFLカップ決勝で起きた前代未聞の事態に英メディアが脚光

     海外サッカーイングランド1部チェルシースペイン代表GKケパ・アリサバラガの交代拒否が波紋を広げている。24日に行われたEFLカップ決勝のマンチェスター・シティ戦。激怒するマウリツィオ・サッリ監督の様子を英メディアが動画で公開。前代未聞の事態に、海外ファンからはケパへの非難の声が上がっている。

     タイトルをかけたファイナル。90分で決着がつかず、120分間戦い抜くもスコアレスのままPK戦突入かと思われた延長後半の終了間際に事件が起きた。

     サッリ監督はケパに代えてアルゼンチン代表GKカバジェロを投入しようとしたが、ケパが交代を拒否。これにサッリ監督は激高。ベンチにモノを投げつけ、一度はピッチから立ち去ったのだ。

     この騒動の一部始終を英衛星放送「スカイスポーツ」が動画で公開。「ワォ!こんなの見たことある!? ケパの負傷後、カバジェロがすでに準備済みにも関わらず、ケパが交代を拒否! 全くもって信じられないシーンで監督に勝ったケパ。そしてサッリはカンカンに」と状況を説明している。

    ファンブーイング「監督に対しては敬意を示さなければいけない」

     するとこの映像を見た海外ファンも、ケパの振る舞いに大ブーイングだ。

    「いくらピッチ上でいいパフォーマンスを見せても、監督に対しては敬意を示さなければいけない」
    「サッリかわいそうに」
    「ケパ、何やってんだ…」
    チェルシーはケパをすぐにクビにするべき!」
    「面白いけど、敬意を欠いてる」
    「カバジェロはPKのスペシャリストだし、元マンチェスター・シティの選手なんだから相手のこともよく知っている。ケパはお馬鹿さんだったな」
    「信じられない」

     チームPK戦の末に3-4で敗戦。この後の現地報道ではケパの造反行為ではなく、互いに誤解があったことが伝えられているが、なんとも後味の悪い結果となった。(THE ANSWER編集部)

    チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【前代未聞!? 交代拒否GKに監督激高… ファンもブーイング「何やってんだ…」】の続きを読む


    『L'Equipe』は20日、「ガボン代表監督を務めているダニエルクザン氏は、30ヶ月給料を貰わずに働いている」と報じた。

    現在2019年アフリカネーションズカップの出場を目指して予選を戦っているガボン代表。

    ピエール=エメリク・オーバヤングアーセナル)がおり、かつてはフレデリック・ビュロ(FC岐阜)も入っていたことで知られるアフリカの強豪だ。

    現在はグループ3位となっているが、来月に行われるブルンジ戦で勝利すれば2位浮上が決定し、3大会連続の突破が決まる状況である。

    【関連記事】まさに怪物!日本代表を“涙目“にさせた6人のアフリカ人

    しかし今回の報告によれば、チーム内には大きな問題が横たわっているようだ。

    現在監督を務めているのは元代表FWのダニエルクザン氏。昨年9月以前はジェネラルマネージャーとして現場を取り仕切っていた人物だ。

    ところが、彼は監督になる以前から給与を受け取ることができておらず、なんと30ヶ月に渡って報酬なしで働いているという。しかもそもそも契約すらも結んでいないとか…。

    流石に堪忍袋の緒が切れかけているクザン氏は、「このままなら退任する」と協会に迫っているそう。ガボンスポーツ省は「3月末までに賃金を支払う」と約束しているとのことだが…。

    オーバメヤングもいるガボン代表、ブラックすぎ…30ヶ月の「タダ働き」が発覚


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【驚愕】ガボン代表、ブラックすぎ…30ヶ月の「タダ働き」が発覚】の続きを読む

    このページのトップヘ