芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > 声優


    石川由依さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 2位ヴァイオレットを抑えたトップは…



    5月30日石川由依さんのお誕生日です。

    【大きい画像を見る】「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会


    石川由依さんは2000年代に声優デビュー。第8回声優アワードでは助演女優賞に輝きました。2019年は「『進撃の巨人Season 3 Part.2」や『けものフレンズ2』などでメインキャラクターを務めています。
    4月30日には長年所属していた砂岡事務所から退所したことを明かしたばかり。今後の活躍にも期待が膨らみます。


    そこでアニメアニメ!では、石川由依さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。5月14日から5月21日までのアンケート期間中に149人から回答を得ました。
    男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約30パーセント20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

    トップは「進撃」ミカサ クールキャラが上位
    1位は『進撃の巨人』のミカサ・アッカーマン。支持率は約40パーセントでした。
    「強くてカッコイイのとは裏腹に、エレンを思う純粋な気持ちが可愛いと思います」や「クールキャラかと思いきや、少女らしさが残る可愛らしい演技のバランスが絶妙で好きです」といったコメントが寄せられました。戦闘シーンでの凛々しさと、エレンが関わったときの愛らしさのギャップも人気です。



    2位は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のヴァイレット。支持率は約20パーセントでした。
    「最初は感情が希薄だったが、代筆業を通してさまざまな人たちと関わる中で感情を少しずつ理解していくヴァイレットの変化をとても丁寧に演じられているから」や「無機質な人形のような少女が次第に感情を取り戻していく演技が素晴らしいので」と人間らしくなっていく姿が支持を集めました。



    3位は『アイカツ!』の新条ひなき。支持率は約10パーセントでした。
    「いつも笑顔が素敵で、みんなから信頼されているファッションリーダー!」や「これまでにない、はじけた明るい演技がぴったりだった」とキュートさでファンを魅了しています。クールキャラクターだけでなく、明るいキャラも上位に入りました。



    ■ そのほかのコメントを紹介!!
    ヒロイック・エイジ』のディアネイラには「石川さんのアニメデビュー作。凛としつつ柔らかさや温かみを持つ姫という役柄そのものの声に感動しました」。
    Fate/EXTRA Last Encore』の岸波白野には「声がつく前に想像していたキャライメージを崩さない、優しく芯の通った声色で素晴らしかった。石川さんに演じていただいて本当によかったです」。
    またアニメ化されていないタイトルのため対象外となりましたが、ゲームNieR:Automata』のヨルハ二号B型には「演技もストーリーも最高で心に残りました」と作品とともに評価するコメントがありました。

    さまざまなタイプキャラクターランクインする中で、新シリーズが放送中の『進撃の巨人』と、劇場版の制作が決まった『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が強さを見せる結果となりました。

    ランキングトップ5
    [石川由依さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]
    1位 ミカサ・アッカーマン進撃の巨人
    2位 ヴァイオレット・エヴァーガーデンヴァイオレット・エヴァーガーデン
    3位 新条ひなきアイカツ!
    4位 海老名悠 『はねバド!
    5位 キュルルけものフレンズ2

    (回答期間:2019年5月14日5月21日

    ランキングトップ20
    [石川由依さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]
    1位 ミカサ・アッカーマン進撃の巨人
    2位 ヴァイオレット・エヴァーガーデンヴァイオレット・エヴァーガーデン
    3位 新条ひなきアイカツ!
    4位 海老名悠 『はねバド!
    5位 キュルルけものフレンズ2
    6位 ディアネイラ 『ヒロイック・エイジ
    7位 岸波白野Fate/EXTRA Last Encore

    (回答期間:2019年5月14日5月21日【ほかの画像を見る】「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

    「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【石川由依さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 2位ヴァイオレットを抑えたトップは…】の続きを読む


    『宮野真守』デビュー時の思い出語る




    【『宮野真守』デビュー時の思い出語る】の続きを読む


    <宮野真守>ルパンに感じる「男の美学」 「LUPIN THE IIIRD」新作で不二子のセクシーボイスにドキッ




    【 <宮野真守>ルパンに感じる「男の美学」 「LUPIN THE IIIRD」新作で不二子のセクシーボイスにドキッ】の続きを読む


    声優・上坂すみれがメイドカフェで全力の“にゃん”「絶対好きになっちゃう」



    話題の声優が自ら選んだ街を探索し、その街の魅力を自身の感性でカメラに収めていく番組「声優カメラ旅」(dTVチャンネルのタビテレで配信中)。毎回、ゆかりの地や思い入れのある街を歩きながら、撮影された写真と共に披露されるエピソードトークも楽しみのひとつだ。今回、第12回のゲストとして登場するのは上坂すみれサブカル好きでもある彼女が選んだ「秋葉原」での収録の感想や旅の思い出を語ってもらった。

    【写真を見る】メイドカフェのステージでも上坂すみれの撮り下ろしカットが満載!

    神田明神で思わず買っちゃった本と地酒!

    ――まずは秋葉原を一日巡ってみての感想をお願いします。

    「本当に楽しい一日で、秋葉原だけで、とてもたくさんの場所に連れて行っていただき、ひとりだったら絶対できないような体験をたくさんさせてもらいました。自分用お土産まで買うことができちゃいましたから」

    ――神田明神でのことですね。何を購入されたのですか?

    神田明神は久々に行ったのですが、本を2冊買いました。私は、神社の本とか図鑑とかがあると、つい買っちゃうクセがありまして(笑)。建物の構造とかそういうアーカイブが載っていたので、その図鑑とあともう1冊新書を購入しました。あとは日本酒なのですが、東京の地酒って珍しいなと思ったので。いいお土産になりました」

    ――改めて秋葉原の楽しさを実感できましたか?

    「ロケでいろいろな所にお邪魔し、実は意外と秋葉原って来たことがなかったんだなぁって改めて思いました。書泉ブックタワーも通り過ぎるだけで入ったことがなかったんです。今回初めて入って、独特の間取りというか棚の陳列方法を取り入れていて私は好きでしたし、水上タクシーも水上バスとはまた違って小さいから小回りもきくし風も気持ちよかったですよ」

    ――メイドカフェでもとても楽しそうでしたね。特に全力で猫になりきっていたところとか。

    「職業病とでも言いましょうか(笑)。“にゃん”と言われると全力の“にゃん”で返してしまうという。ライブシーンでも、メイドさんがヲタ芸をやられていて、その踊りもすごくかわいらしくて。サイリウムを持って手拍子するところも、メイドさんが先導してくださるので、初見で知らない歌だったとしても楽しめちゃいました。とにかくその場の雰囲気にハマって、思いっきり声を出せるのが素晴らしいなと感動しました。

    メイドさんとの距離感も近くて、あんなに間近で見られるとは思っていなかったです。私もライブ会場はお客様との距離が近いイメージではありましたけど、あんなに近いとは!あれだけ近かったら、通いつめていたら絶対好きになっちゃうなって思いました。ひとりだったらなかなか来られない空間だったので、全力で楽しんじゃいました!」

    ■ 愛猫を撮るときは、寝込みを襲う!?

    ――今日はずっと一眼レフカメラを持っての収録でしたが、いい写真は撮れましたか?

    「多分(笑)。私物で一眼レフカメラを持っているのですが、最近はケータイカメラで撮影することが多くて。でも、久々に一眼レフカメラで撮影することになり、“撮る”ってことが目的になるので、より周りを注意深く見ることができました。カメラを首からぶら下げていることによって“興味深いモノを撮るぞ!”という姿勢が自然と生まれた気分にもなりましたね。

    ケータイカメラももちろん性能がよくて便利ですが、一眼レフカメラは自分だけが見られる“ファインダーの世界”があるのがいいです。と言いつつ、私のバッグはいろいろ入っていて、一眼レフも入れちゃうと重すぎるので普段から持ち歩くことはなかなかできてないですが(笑)

    ――上坂さんは普段、どんな写真を撮られることが多いですか?

    「家だと猫の写真をいっぱい撮ったりします。仕事場では台本を撮ったり、使っているリップクリームを撮ったり、日々のご飯を撮ったりと日記代わりに撮影することが多いです。自撮りはプライベートではほとんど撮らないですね。お仕事先でブログ用に撮るくらいで、ほぼ物撮りが多いです」

    ――撮影する時にこだわっているポイントはありますか?

    「んー、なんだろう?そんなに無いけど、色味とかですかね。おいしそうに撮れるアプリを使っています。すごいこだわりではないのですが、せっかく撮るならいい思い出にしたいので(笑)。日常といえども、この時食べたご飯がおいしかったとか、記録として残しておきたいのかも。地酒を飲んだときはラベルを撮ったりもしますよ」

    ――上坂さんの今のお気に入りの1枚は?

    ペットの猫ちゃんですかね。毎日違う表情を見せてくれますし、とにかく連写しています(笑)。うちの猫ちゃんは添い寝をしてくれるので、お布団に入りながら撮ると優しい表情をしてくれるんです。シンガプーラっていう種類の小型の猫ですが、起きているときはすばしっこいので、走っているところを撮るとブレちゃう(笑)。だから寝込みを撮るのが私的撮影ポイントです!」

    ■ おひとりさまのノープラン旅もお手のもの!

    ――溺愛する猫ちゃんがいたら、今回の番組のようなぶらり旅や、何泊もするような旅には出かけるのは難しいですか?

    「猫は1泊くらいならお留守番も平気なので、箱根にひとりで1泊とかしますよ。ちょっと前だと、箱根に女子がひとりで行くってなると、訳ありだと思われていたみたいですが(笑)。今はもうそんなこともないので、気楽に行けますね。

    私は、旅行のプランを立てるにしても、どこに行くって決められないタイプで。気ままなノープラン旅が好きなので、誰かと行くというよりはひとりでよく行きます。宿だけちょっぴり贅沢なところを取って、あとはひたすら湯に浸かり、日本酒をいただき…みたいなのんびり旅が好きです。海外旅行だったらもう少し計画したほうがいいのかもしれませんが、近場だったらのんびりするのが一番です!! 私、仕事が早く終わると、なんとなく東京タワーに上ったり、スカイツリーに上ったりすることもあるんですよ」

    ――そんなときは、今日のように秋葉原の街にもふらっと来られそうですね。

    「そうですよね。メイドカフェでまったりするのとか、楽しそう!」

    ――最後に、番組を楽しみにしている皆様へメッセージをお願いします。

    秋葉原は皆さんも一度は来たことのある街かもしれません。今回の撮影では、すごく平和な旅をさせていただけたので、私がひとりで来たとしてもきっと同じような表情で街を歩いているかと思います。それくらい、私の素の表情やリアクションが楽しめると思うので、お楽しみいただけたらうれしいです」

    うえさか・すみれ1991年12月19日生まれ、神奈川県出身。O型。2012年声優デビュー。数々の作品に出演するほか、歌手としても活動。現在放送中のアニメなんでここに先生が!?」のオープニングテーマ曲「ボン♡キュッ♡ボンは彼のモノ♡」を収録したシングルが発売中。(ザテレビジョン

    「声優カメラ旅」に登場する上坂すみれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【声優・上坂すみれがメイドカフェで全力の“にゃん”「絶対好きになっちゃう」】の続きを読む


    明坂聡美「歩きたばこやめて」呼びかけ 喘息持ちのため「本当に辛い。通り過ぎようとして火傷した事もある」



    画像はアミュレートの公式サイトをキャプチャ

    声優の明坂聡美さんが5月23日、自身のツイッターで歩きたばこに苦言を呈した。明坂さんは、喘息持ちの人がたばこの煙を吸い込んだ時の被害を描いた漫画をリツイート。自身も喘息があり、発作を止める副作用で手が震えることもあるようで、

    「わし、喘息持ち。お薬飲むと副作用あるので、この方のような状態になります。 最近はiQOS多いし、気にして煙をこっちに行かないようにしてくれる人も多いのでとても助かりますが、歩きタバコは本当に辛い。通り過ぎようとして火傷した事もあるし。 せめて条例のある所だけでもやめて欲しいです」

    と呟いた。

    喫煙者も共感「路上喫煙はますます喫煙者の居場所をなくしていくのでやめてほしい」


    リプライ欄には、「毎回水かけて消してやりたくなる」「私も喘息持ちなので分かる」など、明坂さんのツイートへの共感が多数寄せられた。火傷の報告も数件みられる。スケートボード自転車に乗りながら喫煙する人の目撃談もある。また、喫煙者からは、

    「路上喫煙はますます喫煙者の居場所をなくしていくのでやめてほしい」

    という声も出ていた。

    東京都2016年に発表した「受動喫煙に関する都民の意識調査」によると、寄せられた意見の中で歩きたばこに関するものが最も多く、947件にのぼったという。

    「子供の目線での歩きたばこは、危険すぎる。場所だけでなく、エチケットのない人への取り組みをしてほしい」
    「歩きたばこの人の後にいると不快で、息を止め追い越すようにしている」

    といった声のほか、「歩きたばこについても法律・条例を作ってほしい」という意見も出ていた。都内では千代田区2002年から、条例で歩きたばこを禁止している。違反した場合は2000円の罰金が課される。このほか文京区豊島区でも、罰金なしの条例で歩きたばこを禁止している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【明坂聡美「歩きたばこやめて」呼びかけ 喘息持ちのため「本当に辛い。通り過ぎようとして火傷した事もある」】の続きを読む

    このページのトップヘ