芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > 声優


    芸能界から声優に転身した美女すぎる5人。花澤香菜、悠木碧に元NGTも…



     今年4月の卒業公演にてNGT48を卒業した長谷川玲奈さん(18)が、声優事務所クロコダイルに正式所属し、再スタートを切りました。

     実は、現在第一線で活躍する声優の中には、子役やアイドルなど芸能界から声優界へ転身した人がたくさんいます。今回は、そんな華麗な転身を果たした声優をご紹介します。

    秦佐和子:SKE48から夢だった声優へ

    秦佐和子
    ※画像は公式サイトより
     長谷川さんと同じようにAKB48系列を卒業し、声優になったのはSKE48秦佐和子さん(30)です。2009年に「SKE48第三期メンバーオーディション」に合格し、2013年までアイドルとして一線で活動。2015年に声優事務所マウスプロモーションに所属し、声優としての道を着実に歩んでいます。

     SKE48加入前に1年半ほど日本ナレーション演技研究所に通っていた経験もあり、もともと声優を目指していた秦さん。SKE48卒業後、プロ・フィット声優養成所に通った後、現在の事務所に所属しており、夢をあきらめないで継続した成果が現れています。

     現在はゲームテレビアニメなどを展開する「BanG Dream! シリーズ」で、人気のキャラクター若宮イヴ役を担当するなど、物語の主要メンバーとなる役を任されることが増えている秦さん。SKE48時代に培ったアイドル魂を持ちつつ声優としてますますの活躍を期待したいですね。

    花澤香菜:「さんま大先生」出身の人気声優

    花澤香菜
    花澤香菜2nd写真集「遠い口笛」 (TOKYO NEWS MOOK)
     可愛らしく透き通った声と、儚げな容姿、そして天然な性格でファンを魅了し、「日本一忙しい女性声優」とも言われる花澤香菜さん(30)。元子役として芸能界で活動していた時期がありました。

     幼稚園の頃より子役として活動し、1996年からの約4年間は、バラエティ番組「やっぱりさんま大先生」(フジテレビ系)にレギュラー出演。また、2001年にはKinKi Kids堂本剛さん(40)が主演を務めたドラマ「ガッコの先生」(TBS系)では、生徒役としてレギュラー出演も果たしています。

     ここ数年数え切れないほどのアニメゲームなどに声優として出演している花澤さんですが、これからもまだまだその人気は衰えそうもありません。日本一忙しいと言われるくらい活躍しているのは、ファンにとって嬉しいことかもしれませんが、長く活躍してもらうためにもあまり無理はしないでほしいですね。

    立花理香:スカウトから始まった美しすぎる声優

    立花理香
    立花理香2nd写真集『みやび』(DVD付き)(AKITA DXシリーズ)
     アニメスマホゲームとして展開している「アイドルマスター シンデレラガールズ」での小早川紗枝役や、今年4月から放送されている「8月のシンデレラナイン」で阿佐田あおい役を務めるなど主役級の役を演じることも多い立花理香さん(32)

     立花さんは美人声優としても注目されていますが、それもそのはず。芸能界へのデビュー2009年、スカウトをされたのがきっかけだったのです。立花さんはスタイルの良さも買われ、モデルとして活躍していたこともあり、見た目の面でも人気がある声優の一人とも言えます。

     現在も声優だけではなく、タレントや女優としてテレビラジオでも活動している立花さん。美しすぎる声優は、今後どのような方向で活躍の幅を広げてくれるのか楽しみです。

    飯田里穂:てれび戦士がラブライブ!声優に



     2010年よりスタートしたプロジェクトラブライブ! School idol project」の星空凛役として声優デビューし、また同プロジェクトユニットであるμ’sメンバーでもある声優の飯田里穂さん(27)

    りっぴー」という愛称で親しまれる飯田さんですが、実はもともと子役として活動していました。小学校2年生から活動していた飯田さんは、2000年ドラマ「百年の物語」(TBS系)で女優デビューを果たします。

     2006年には映画『星砂の島のちいさな天使~マーメイドスマイル~』にて主演を務めています。そんな彼女ですが、子役として注目を集めたのは2002年度から4年間出演していたNHKの「天才てれびくんシリーズでした。

     声優として活動する前にてれび戦士や女優として芸能界を経験してきた飯田さんは、これからも声優や歌手として様々な顔を見せてくれるはずです。

    悠木碧:元子役が若手No.1の呼び声も

    悠木碧
    悠木碧フォトブック プラネタルミナスsupernova 』(主婦の友社)
     2011年放送のアニメ魔法少女まどか☆マギカ』で主役の鹿目まどか役を演じ、大きな注目を集めた声優といえば悠木碧さん(27)。悠木さんは若手ながらその高い演技力で、どんな役でもこなす実力派声優です。

     そんな悠木さんですが、実は花澤香菜さんと同じく「やっぱりさんま大先生」(フジテレビ系)などに出演する過去を持つ元子役なのです。小学5年生の頃アニメキノの旅』で声優初挑戦をしたのをきっかけに声優業に興味を持ち、その後2008年頃からは声優としての活動を中心に行っています。

     その実力で今ではアニメや映画、そしてラジオなど引っ張りだこの悠木さん。歌手としての活動も注目されており、声優という枠にとらわれず様々な場面での活躍を期待する声がより一層大きくなっていきそうです。

    声だけでは注目されにくい世界に

     かつて声優はメディアにあまり顔を出さず、声だけで活動する人がほとんどでした。しかし、昨今ではその容姿やキャラクターも重視され、声の良さや演技力の高さのみで注目をされる機会が減っている世界になっています。

     また、ダンスができたり、歌がうまかったり、楽器の演奏ができるなど声優以外の特技がある人が注目されやすくなっているのも事実です。

     本来、声一本で勝負する声優という職業ですから、そこまで多くを求められるのは、声優を目指す人にとっても厳しいこと。実力が重視され、素敵な声の演技ができる声優が人気になる世界は、もはや過去の話なのかもしれません。

    TEXT/つる>

    【つる】

    食べること、お酒、音楽、辛いものが大好き。30代になっても派手髪から抜け出せません。外に出るのはお酒が待っている時だけという姿勢を崩さず、今日も適当に生きています

    『悠木碧フォトブック プラネタルミナスsupernova 』(主婦の友社)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【芸能界から声優に転身した美女すぎる5人。花澤香菜、悠木碧に元NGTも…】の続きを読む


    声優の松岡禎丞がギネス世界記録認定 「1人の声優によりモバイルゲームに提供されたせりふの最多数」



     声優の松岡禎丞さんが、ギネス世界記録に認定されました。認定内容は「1人の声優によりモバイルゲームに提供されたせりふの最多数」で、提供したゲームは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかメモリア・フレーゼ~(ダンメモ)」です。

    【画像】松岡さんがギネス認定されたイベント

     「ダンメモ」は、テレビアニメ化もされたライトノベルダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を原作としたアプリケーション松岡禎丞さんは、主人公ベル・クラネル」役で出演しています。

     今回のギネス記録は、リリース2周年を記念したイベントダンまちFES2019 〜TVアニメダンまちIIとダンメモ2周年がいっしょにイベントをするのは間違っているだろうか〜」の中で発表されたもの。イベント中にギネス公式認定員が登場し、松岡さんと「ダンメモ」に認定証が授与されました。認定数値は1万175ワード

     授与される間に松岡さんは、「うそじゃないですよね?」といまだに信じられない様子で、受け取った後は「うれしいというか、本当に僕でいいのかという感じ」と気持ちを語りました。なお、1万ワードというのは、「松岡さんだけが演じるアニメで2クール分が放送できる量」ということです。

    (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2 製作委員会

    (C)WFS

    認定証を受け取る松岡さん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【声優の松岡禎丞がギネス世界記録認定 「1人の声優によりモバイルゲームに提供されたせりふの最多数」】の続きを読む


    声優の藤本譲さんが死去 83歳 「ミスター味っ子」の味皇役など



    声優の藤本譲さんが心不全により6月10日に亡くなったことがわかった。83歳だった。


    藤本さんの所属事務所は17日、「藤本譲 儀 (本名:藤本泰譲) 入院加療中のところ、心不全のため 令和元年6月10日 永眠致しました」とホームページで公表。葬儀については、遺族の意向により親族のみにて執り行われたとしている。


    藤本さんは、TVアニメミスター味っ子」の味皇(村田源二郎)役などバイプレーヤーとして多くの作品に出演。洋画吹き替えや「黄金バット」「鉄人28号」第1期などのナレーションでも活躍した。

    画像は所属事務所ホームページ スクリーンショット


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【声優の藤本譲さんが死去 83歳 「ミスター味っ子」の味皇役など】の続きを読む


    野沢雅子「悟空は私の分身!叫びっぱなしでも、平気なのよ」



    代替テキスト

    「いまや、悟空は私の分身ですね。宝物です!」

    そう語るのは、『ドラゴンボール』の悟空を演じ続けて33年の野沢雅子。昨年末に公開された映画『ドラゴンボール超 ブロリー』(初回生産限定・特別限定版<セル>好評発売中。Blu-ray版8,800円DVD版7,800円ともに税別。<レンタル>好評レンタル中)が世界中で大ヒットを記録し、喜びもひとしお

    「びっくりしました。みなさんに悟空が愛されているということがたまらなくうれしいです」

    ブロリーといえば、世界中にファンを持つ人気キャラクター戦闘民族サイヤ人のなかでも最強とうたわれるブロリーと、孫悟空ベジータの壮絶バトルが炸裂する本作。収録中も映画さながら、過酷なものだったと振り返る。

    バトルシーンばかりで、始まってからずっと叫びっぱなし。『私、セリフ言った?』という感じでした。ブロリー役の島田敏さんは、収録後に机に突っ伏しちゃったのよ。私は平気でしたけど(笑)

    悟空とベジータが融合して生まれる“ゴジータ”のアフレコは、2人の役者が同時に声を当てた。

    ベジータ役の堀川りょうさんが絵を見ながら声を当てて、私は堀川さんの口を見て合わせるわけですよ。1回稽古して即本番、でOK! って感じ」

    長年にわたり同じ役を務め、ギネス世界記録認定された声優界のレジェンドアフレコの極意を聞くと、「役になりきること」と語る。

    「私は、演じている間は悟空になりきってますね。絵に入り込んじゃうから。悟空がご飯を奪われちゃうシーンがあったんだけど、私、(自分の食事を取られたような気がして)『ちょっとやめて、取らないで』って言っちゃったの。セリフにはないのに(笑)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【野沢雅子「悟空は私の分身!叫びっぱなしでも、平気なのよ」】の続きを読む


    娘と公園で遊んでいたら不審者と勘違いされ通報された―― 声優・落合福嗣さんの体験談に反響



     声優の落合福嗣さんの体験談が、Twitterで話題を呼んでいます。長女と公園で遊んでいたら、他の母親たちに不審者と間違われて通報され、警察官から職務質問を受けたというのです。

    【その他の画像】

     きっかけはライブドアニュースで配信されたキャリコネニュースの記事。「公園のベンチに座っていた男性が、『普段は見ない人だから』と不審者扱いされた」といった内容でした。これにちなんで、落合さんは自身の体験を明かしたわけです。

     落合さんは職質を受けた際、「(女の子が)あなたのお子さんと証明できるものはありますか」と聞かれましたが、保険証などは妻が持っていたため、すぐに対応できずあわてることに。どうにかスマートフォンに入っていた写真を見せて、警察官に説明できたそうです。

     この一件は大きな反響を呼びました。「実の親子が一緒に遊んでいるだけで通報されるのか」などと通報した女性が批判される一方、「母親の立場からすれば、見慣れぬ男の存在に“万が一の事態”を懸念するのも仕方ないのでは」といった声もあり、意見は賛否分かれています。こうした反応を受けて、落合さんは詳しい経緯をつづりました。

     当時3歳だった娘さんにせがまれて、落合さんが普段は行かない公園に連れていったときのこと。一緒に遊具で遊んでいる最中、5人のお母さんたちが公園に現れたので、軽く会釈を交わしたそうです。

     すると警察官が現れて女性たちと話したのち、落合さんに「何かお子さんと証明できるものはありますか?」と質問。「娘が『パパ』と呼んでいるのは証明になりますか?」と返答したところ、「子どもの言うことなので」と、納得してもらえなかったそうです。

     それもそうかと承知した落合さんは運転免許証を出し、娘さんの保険証は妻が持っていると伝えたうえで、子どもとのツーショット写真や家族写真をいくつか提示。警察官は納得のうえ、女性たちに説明して去っていったといいます。

     その後警戒心が解けたのか、女性の一部が寄ってきて、落合さんの仕事や娘さんの幼稚園などについて聞いてきました。そこから、互いの子どもが違う幼稚園に通っていると判明。彼女たちが見慣れぬ親子に驚くのも無理はないと、落合さんは納得したそうです。

     通報について謝罪はなく、女性たちは「気をつけてくださいね」と笑顔で去っていったといいます。後日、その公園に夫婦そろって娘さんと3人で行ったところ、娘さんは妻と遊ばずに落合さんにべったりで、理由を聞くと「パパが連れてかれちゃうから」と半泣き。その公園には現在まで一度も行っていないそうです。

     理不尽な仕打ちを受けたように思える話ではありますが、落合さん夫婦は「平日で他の子どもたちがいないような時間に、身長185センチでかいおじさんが公園にいたら、そりゃ怪しいよな」と、笑い話で済ませたそうです。

     そして、「お母さんたちやおまわりさんに対して負の感情はまったくない。ただただ、通報せざるを得ない世の中に悲しさを感じる」とコメント。親子連れで公園などに行くときは、子どもの保険証や写真を持っていると安心だと語りました。なお、現在5歳になった娘さんは、家族で公園に行くと、ほかの大人たちに「あれ私たちのパパ!」と言ってくれるそうです。

    せちがらい話ではありますが、各家庭が誤解のないよう配慮するのが無難なのかもしれません(落合福嗣さんのツイートより)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【娘と公園で遊んでいたら不審者と勘違いされ通報された―― 声優・落合福嗣さんの体験談に反響】の続きを読む

    このページのトップヘ