芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > 映画・テレビ・舞台・ラジオ・雑誌・ネット


    「5時に夢中!」の公式サイトより

    飲食店やコンビニなどの従業員が職場で撮影した不適切な動画を投稿する「バイトテロ」が相次いでいる。従業員の低待遇や運営者の管理の甘さなどが原因に挙げられるが、バイトテロを無くす方法はあるのだろうか。2月15日の『5時に夢中!』(MX系)で、堀江貴文氏が相続くバイトテロ問題に持論を展開した。

    堀江氏は「昔からやってるやついるんですよ」と語る。大学生時代に塾講師のアルバイトをしていた時に中高生から「ファミレスで飯食わないほうが良いですよ。床に落ちたハンバーグとか焼いたりしてますから」と言われたという。

    その上で、「モラルの低いバイトは昔からいて、それがSNSに投稿されるようになっただけ」と従業員の悪ふざけは過去にも存在し、ネット社会で可視化されるようになっただけと語った。(文:石川祐介)

    「別に冷蔵庫バイト入っていてもいいじゃないですか」

    堀江氏は続けて、「モラルの低い人を雇わざるを得ない状況だから」と、現在の雇用システムからバイトテロはなくならないと考えているようだ。

    「もう自動化するしか無い。ロボットモラルは関係ない。どんどん工場で調理して、冷食とかにして、温めることをロボットがやれば(人は)いらないじゃないですか」

    機械に代替することで解決する問題だと主張し、「馬鹿は一定数いて、いなくならない」と人が働いている以上、逸脱行為をする人は必ず出てきてしまうと話す。

    また、「別に冷蔵庫バイト入っていてもいいじゃないですか」とバイトテロを批判する風潮にも違和感を抱いているようで、「だったらファミレスとか行けないですよ? 絶対フォークとかベローンって舐めたりしてますよ」と消費者側も寛容な心を持って、食事やサービスを利用する必要があると説いた。

    「何でもかんでも細かく気にする人達の声がデカくなっちゃうのは嫌だな」

    司会の原田龍二さんは、不適切な行動をわざわざSNSに投稿する心理が理解できないと語るが、「友達に自慢してるのと、SNSに上げるのは一緒ですから、彼らにとっては」と若者のSNSへの投稿の心理的ハードルは非常に低く、炎上してしまうリスクなどを一切想定していないという。

    また、「何でもかんでも細かく気にする人達の声がデカくなっちゃうのは嫌だな」とも語った。

    「まだ、みんなSNSに慣れてない。俺は慣れきってるから。こんなのでいちいち騒ぐなよ馬鹿」

    SNSに寄せられる投稿や意見に過敏になるのではなく、スルースキルを持って利用することが、SNSマナーだと語った。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ホリエモン「バイトテロは昔からある」「こんなのでいちいち騒ぐな」と苦言】の続きを読む


     ホワイトライオン赤ちゃん2頭が20日夕、南アフリカから成田空港に到着した。輸入した湘南動物プロダクション千葉県成田市)によると、赤ちゃんの輸入は日本で初めてという。

     2頭は生後3カ月のオスとメスで、それぞれ体長約1メートル、体重約35キロ。南アフリカの動物関係施設で生まれて人工飼育された。名前はまだない。

     長旅の疲れからか、あくびを繰り返していたが、報道関係者のカメラに動じることはなく、早くも「百獣の王」の貫禄は十分。ただ、哺乳瓶を見ると身を乗り出していた。 

    〔写真説明〕南アフリカから到着したホワイトライオン赤ちゃん=20日午後、成田空港

    南アフリカから到着したホワイトライオンの赤ちゃん=20日午後、成田空港


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ホワイトライオン赤ちゃん到着=南アフリカから2頭-成田空港】の続きを読む


    13歳という年齢で第609回別マまんがスクールデビュー賞を受賞した星木奈々先生による漫画『音信の雪』が2月13日に発売された別冊マーガレット2019年3月号に掲載。

    驚異の13歳デビューということで大きな話題になった星木先生。別マに漫画が初掲載されると、13歳とは思えないその画力の凄さにTwitter上に衝撃が走っています。



    小学館で漫画編集者をされている方は「長い漫画編集人生、ここまでの13歳は見たことない。」と大絶賛。

    そのほか「絵が上手い、ストーリー展開が自然で面白く、構成に無理がない」「ほんとに驚異の完成度だった」「驚異の13歳デビュー⁉️の煽りに負けないくらい内容」と、完成された絵だけでなく、話の構成力が多くの読者から評価されていました。




    1ページだけでもその凄さが伝わってきますね…星木先生のこれからに期待です。

    まだ読まれていない方はぜひ別冊マーガレット2019年3月号でご覧になってください。

    ▼購入はこちら
    https://amzn.to/2trBKvJ

    別冊マーガレット
    公式サイトhttp://betsuma.shueisha.co.jp/
    公式Twitterhttps://twitter.com/betsuma_info
    別冊マーガレットで13歳デビューの新人・星木奈々先生の漫画が凄すぎると話題に!画力だけでなく構成力も高評価


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【別冊マーガレットで13歳デビューの新人・星木奈々先生の漫画が凄すぎると話題に!画力だけでなく構成力も高評価】の続きを読む


     猫草が待ちきれなかった猫ちゃんたちの必死な様子がかわいいことになっています。はやくその猫草をわたすニャ!

    【画像:必死な猫ちゃん】

     買ってきた猫草の鉢を置きに行こうとしたところ、それを見た猫ちゃんがすぐに両前足でつかまって、立った体勢のまま食べ出す姿が目撃されています。移動しようとしても一緒にくっついてくる猫ちゃんの食いつき具合がすごい

     すると、それに気づいたもう1匹の猫ちゃんも、前足でつかまって食べようとする姿が。予想以上の大人気ぶりに、一度離してもらおうと猫草を持って下がりますが、「猫草まつニャ~!」「どこいくのニャ~!」と立ったまま追いかける2匹の猫ちゃんが、なんだか笑ってしまうあいらしさです。猫大好きおやつ「ちゅ~る」並の反応だった……!

     投稿したのは飼い主のまめさんで、今回必死な姿が目撃されたサビ柄(黒と赤・茶が混合した柄)の愛猫さんは、2歳の「あずき」ちゃん、「こまめ」ちゃん姉妹。保護猫シェルターにゃんさと/@nyansatotunako」出身の猫ちゃんで、先住猫で10歳の「レオン」くんと仲良く暮らしている日常が公開されています。ちなみに猫草は今回が初めてではなく、久しぶりだったとのことです。

     Twitterでは「すごい食いつき!」「必死すぎてかわいい」と驚く人や魅了される人が続出。また猫飼いユーザーから「あるある」と同時に「我が家は誰も食べなかったなぁ」など、猫ちゃんによって反応が違うという声も寄せられていました。

    画像提供:まめ(@xVo85zmFz0oBbPF)さん

    置く前に我慢できず食べ始めちゃいます


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「はやくその草をわたすのニャ~!」 猫草が待ちきれない猫ちゃんたちが必死すぎてかわいい】の続きを読む


     コアラっていえば、木にしがみついて寝ているか、ユーカリの葉っぱを食べているという印象が強いかと思います。午前中に動物園に見学に行くと、寝ている事が多い印象です。しかし、そんなコアラの子どもが活発に飛び回っている場面が激写され、その可愛らしい姿に見た人が魅了されています。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     この場面を撮影したのは、動物たちが大好きなツイッターユーザーの都築英哲さん。都築さんのツイートには、動物園で撮影した様々な動物たちの写真が並んでいます。その中で、ひときわ目を引くのが、コアラの子どもが活発に飛び回っている姿。「埼玉県こども動物自然公園で暮らすコアラ、ドリーの子ども。 名前はまだ投票中ってくらいなんだけど凄く飛び回る。 きっと閉園後の薄暗い時間帯などでお母さんがこうんなだと思う。 コアラポッケの中、抱っこされて、そして背中で覚えていくものだろうし。 これはとてもおてんば女の子になりそう…」と、4枚のコアラの写真とともにツイッターに投稿しています。



     この躍動感あふれる場面を見た人達からは、コアラってこんなアグレッシブでしたっけ?と不思議がる人や、こんなに動くのですね!思わず笑ってしまいましたとその姿に微笑む人も。筆者も、この写真を見た時には「コアラってこんなだったっけ……???」となりました。

     そこで、このコアラがいる「埼玉県こども動物自然公園」のコアラ舎担当者の方に聞いてみました。

     そもそもこの、コアラのドリーの子は、2018年3月28日まれの女の子。ドリーの子はかなり活発な個体だそうで、よく食べて、よく動いているそう。「お姉さんニーナもよくジャンプしていたと記憶しています」「ドリーも比較的よく動くほうです。発情時は床を歩き回るところが良く見られます」とのこと。

     一方、3週遅れで生まれたジンべランの子は今のところジャンプは確認できておらず、比較的移動範囲は狭いのだそう。「こどものコアラは、母親から離れて動くようになると、活発になり大人たちより良く動いている個体が多いように思います」と語る担当者。大人よりも元気に動き回るのは、人間を含むどの動物でもそうなのかもしれません。

     コアラは夜行性で、昼間は良く寝ているという印象なので、よく動く時間帯についても聞いてみたところ、「夜間は昼間より活発に動いています。昼間は、13:00からユーカリの交換をするのでその時間はユーカリを食べたり、探したりと、動くことが多いので(全く動かず寝ている日もあります)、来園者にはその時間をお勧めするようにしています。夕方、閉園時間近くなると動き出す日もあります。ただ、長時間寝ていてたまに起きては採食する動物ですので、確実にこの時間なら、いうのは難しいです」とのことでした。

     寝ている姿よりも、起きて活動している姿が見たいというのは多くの人が思うところかもしれませんが、夜行性の動物だとなかなか難しいところがありますよね。もし、コアラを飼育している動物園が、「ナイトズー」などの夜間開放イベントを行っていたら、コアラなどの夜行性動物が活発に動くところを見るチャンスになるかもしれませんね。

    <取材協力>
    埼玉県こども動物自然公園

    <記事化協力>
    都築英哲さん(@tsuzukiani)

    (梓川みいな)

    子コアラの躍動感がすごい! ジャンプしまくる姿が激写され可愛すぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【子コアラの躍動感がすごい! ジャンプしまくる姿が激写され可愛すぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ