芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > 映画・テレビ・舞台・ラジオ・雑誌・ネット


    宮迫ツーショットの金塊強盗犯が激白「半グレ、パリピ、ULTRA JAPANの実態」


    NO.7888564 2019/10/20 10:30
    宮迫ツーショットの金塊強盗犯が激白「半グレ、パリピ、ULTRA JAPANの実態」
    宮迫ツーショットの金塊強盗犯が激白「半グレ、パリピ、ULTRA JAPANの実態」
    9月14、15日にTOKYO ODAIBA ULTRA PARK?にて開催された「ULTRA JAPAN 2019」。今年は計6万人の観客が訪れ、累計50万人以上を動員したという、日本屈指のダンスミュージックイベントである。

    じつは、このULTRA JAPANの裏側では様々な噂が囁かれていた――。

    「このモンスターイベントには裏社会の人間が出入りしていた」

    そう語るのは野口和樹氏だ。

    野口氏は名古屋の有名な半グレとして知られ、2016年に発生した博多・金塊強奪事件の主犯格として逮捕された人物。現在は福岡拘置所に収容されている。

    野口氏の逮捕時、その派手な交遊とパリピ生活がクローズアップされた。

    野口氏らは「全日本パリピ協會」を名乗り、様々なパーティ・イベントに出入りしていたという。

    今年の10月、野口氏は獄中から「半グレと金塊 」(宝島社刊)という手記を発表した。同書には彼のこれまで手に染めた犯罪や、有名人との交遊録、そして金塊強奪事件の真相などが赤裸々に語られている。

    彼の証言をつまびらかにすることで、謎に包まれている『半グレ』の実態が明らかになってくる。同書で語られたULTRA JAPANの光と影、本人から許可を得てその一節を紹介するーー。..



    【日時】2019年10月19日 21:57
    【ソース】文春オンライン


    【宮迫ツーショットの金塊強盗犯が激白「半グレ、パリピ、ULTRA JAPANの実態」】の続きを読む


    ホリエモン、武蔵小杉タワマン被害で「地名に川とか沼とか谷とか。リスクはすごくある」


    NO.7889036 2019/10/20 14:09
    ホリエモン、武蔵小杉タワマン被害で「地名に川とか沼とか谷とか。リスクはすごくある」
    ホリエモン、武蔵小杉タワマン被害で「地名に川とか沼とか谷とか。リスクはすごくある」
     “ホリエモン”こと実業家の堀江貴文氏(46)が20日、台風19号により川崎市の人気住宅地・武蔵小杉の一部タワーマンションでは、地下の機械室が浸水し停電したことについて見解を語った。

     この日のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、台風19号による甚大な被害を受けた東日本各地の現状を報じた。

     堀江氏は「武蔵小杉は多摩川が河川改修する前は、駅前のあたりは川だったんですよね」とした上で、これから住宅の購入を検討している人へ「買っちゃった後に言うのも何なんですけど、これから買う人とかは出来るだけ地名に川とか沼とか谷とかね、そういう所はこういうリスクはすごくありますよ。買っちゃった人はしょうがないんだけど」とコメントした。



    【日時】2019年10月20日 11:44
    【ソース】スポーツ報知


    【ホリエモン、武蔵小杉タワマン被害で「地名に川とか沼とか谷とか。リスクはすごくある」】の続きを読む




    堀江貴文 原作のベストセラー「多動力」が映画になって配信開始!

    ホリエモンこと堀江貴文ビジネス書「多動力」(幻冬舎)を原作とした映画「多動力 THE MOVIE」(監督:ハシテツヤ、製作:(株)ライフマンシップ)が2019年10月18日からオンライン動画配信をスタートさせた。
    Prime VideoTSUTAYA TV が10月18日から配信を開始しており、その他のメディアについては以下のスケジュールで順次配信を開始していく。

    配信開始日 2019年10月18日
    TSUTAYA TV
    Amazon Prime Video

    配信開始日 2019年10月25日
    ビデオマーケット

    配信開始日 2019年11月1日
    JCOM
    ひかりTV

    配信開始日 2020年2月26日
    GYAO!


    友情出演加護亜依など多数の著名人が参加!

    本作品には、元モーニング娘。加護亜依のほか、ミュージシャンの赤西礼保など著名人が友情出演として参加している。
    さらには、原作者の堀江貴文も本人役として出演、家入一真(株式会社CAMPFIRE)、箕輪厚介(株式会社幻冬舎)、西野亮廣(キングコング)などビジネス界、芸能界の風雲児たちが集結。
    友情出演とあって、出演シーンは一瞬ではあるが、どこに登場するか注目して見るのも面白いかもしれない。

    友情出演
    加護亜依
    赤西礼保
    堀江貴文
    家入一真
    箕輪厚介
    西野亮廣


    主題歌加護亜依「no hesitAtIon」作曲は、中西圭三が担当!

    加護亜依の歌う主題歌「no hesitAtIon」は、中西圭三が作曲、プロデュースを担当している。

    「no hesitAtIon」
    リリース 2009年6月24日
    規格 CD Maxi
    ジャンル J-POP
    時間 15分
    レーベル イン・ダ・グルーヴ
    プロデュース 中西圭三



    ◆結城ちか がヒロイン役として女優の才能を開花!

    加護亜依も特別審査員を務めるオーディションを突破してホリエモンアイドルとして活動した事もある結城ちか がヒロイン役として抜擢され、1年ぶりに当時審査員を務めた加護亜依と共演し感動の再会となった。
    劇中では、原作にない映画オリジナルキャラクターという事もあり、その立ち位置に注目が集まる。
    本作品での演技を高く評価され、2020年1月に開催されるフィリピン国際映画祭に出品される映画「セイキマツブルー」でも重要な役柄に抜擢されるなど女優としての才能を開花させ始めている。
    グラビアアイドルとして、Jカップを誇るグラマラスなBodyに注目されがちだが、M-1グランプリに3年連続で出場するなどバラエティな活動も行い、現在は、本作品にも出演している、さがね正裕(X-GUN)がプロデュースするアイドルグループGracoRex NEOリーダーとして活動している。




    配信元企業:株式会社ライフマンシップ

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ホリエモン原作の映画「多動力 THE MOVIE」がPrime Video等でネット配信開始!】の続きを読む


    コスプレイヤーの五木あきらが10月6日、自身のツイッターを更新。アクションゲームモンスターハンターシリーズより、キリン装備コスプレを披露した

    モンハンキリン装備でロケ撮影行ってきた」と投稿した五木は、3枚のコスプレ写真をツイッターアップ。「完全にプライベートのコスプレ撮影だよ 好きだから趣味コスもやめられない……ユルシテカミサマ!」と、プライベートでの撮影であることを明かした。

    モンハンキリン装備でロケ撮影行ってきた(ฅ'ω'ฅ) pic.twitter.com/gFAjZu9Y6V— 五木あきら (@itsuki_akira) 2019年10月6日

    このコスプレファンからは「最高すぎませんか!!!??一狩りいきます」「スタイル良すぎ!」「キリン装備可愛すぎる」「ちょー似合ってる!!」「可愛い」など絶賛の声が寄せられた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【コスプレイヤー五木あきらの『モンハン』キリン装備に「スタイル良すぎ!」の声】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/10/16(水) 14:54:00.39 ID:UGy7Uuny9.net

    すでに一部マスコミで報道されているが、ホリエモンこと堀江貴文氏らが手掛ける高級立食焼肉店「YAKINIKUMAFIA新宿店」が10月4日、プレオープンした。場所はゴジラでお馴染みの歌舞伎町TOHOシネマズの裏手、一番街と歌舞伎花道が交差する辺りで、立地としてはまずまずのところと言えるだろう。

     現在、堀江氏らが手掛けている高級会員制焼肉店の系列となるワケだが、聞くところによると会員になるハードルは高いらしく、いわんや筆者などが伺いしることの出来る店ではない。もっとも、この歌舞伎町店の場合は、プレオープン時のみが会員専門で、来年1月以降に予定されているグランドオープンからは一般客にも開放されるそうだ。

     肉には一家言ある堀江氏だけに、グランドオープンとなれば話題を呼ぶことは必至だが、本稿の主題は高級焼肉店の内容ではなく、なぜ歌舞伎町なのか?ということだ。すでに堀江氏は、立食スタイルにしたのは、ヨーロッパなどにある同様の立食グルメ店を意識したものであり、歌舞伎町のインバウンド層をターゲットにしている、とプレスに語っている。

     これらの言動は、いま現在、外国人観光客が東京滞在でもっとも訪れる街である新宿が、今後さらにその需要を伸びていくことを見越しているからであろう。

     参考記事:「NHKから国民を守る党」の党首・立花孝志議員を面白がってはいけない-久田将義 | TABLO

     実際問題としてここ数年、「歌舞伎町ルネッサンス」と称した街の改革は着々と進んでおり、その効果は街ゆく人々に如実にあらわれている。JR新宿駅東口から靖国通りを越え、旧コマ劇場跡地に立地するTOHOシネマズ方面に向かう道々には若年層と外国人観光客が溢れ、一見するとまるで「渋谷」の街並みのようにも思えるくらいだ。

     このような状況を生んだ背景は確かにインバウンド効果も大きいのだが、「失われた20年」による長期不況で、それまで歌舞伎町のメイン客であったサラリーマン層が抜け落ちたことも大きい。

     これは歌舞伎花道と呼ばれる東西に歌舞伎町を分かつ道の北側に顕著で、以前は9割方サラリーマン客が占めていたのが、半分かそれ以下の割合となっているのだ。

     率直に言って、かつては歌舞伎町にとって経費が仕えたサラリーマンが“上客”であった。しかし、彼らの財布のヒモが極端にキツイ現状ではなりふり構わっていられず、仕方なく方向転換を図ったのである。斯くして、歌舞伎町は一昔前とはガラッと変化した街並みとなった。これをルネッサンスと呼ぶのかどうかわからないが、変化という意味では大きい。

     今後、これらの傾向はさらに拍車がかかる。2022年には堀江氏が出店した焼肉店の目と鼻の先である旧ミラノ座跡に48階立てのホテル(複合施設)が完成し、空港から直接インバウンド客を引き入れるバスターミナルも出来る予定だ。

     つまり歌舞伎町は、客単価が期待できるインバウンド層と、客単価は安いがリピートが期待できる若年層の二極化した街となっていく。大人の街・歌舞伎町を懐かしむ人にとっては寂しい時代とも言えそうだが。(取材・文◎鈴木光司)

    10月16日 夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/eco/news/191016/ecn1910160008-n1.html

    (出典 www.zakzak.co.jp)


    【【芸能】ホリエモンが高級立食焼肉店をオープン なぜ堀江氏は新宿・歌舞伎町を選んだのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ