芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > お笑い芸人


    大ブレイク芸人EXIT「元相方の不祥事」が笑えない!


    NO.7723532 2019/08/23 18:07
    大ブレイク芸人EXIT「元相方の不祥事」が笑えない!
    大ブレイク芸人EXIT「元相方の不祥事」が笑えない!
    ■ネットは炎上中
    令和初の大ブレイク芸人といわれるEXIT(イグジット)のりんたろー。(33)と兼近大樹(28)の2人。言いふらされた言葉だが、まさに「観ない日はない」という大活躍ぶりだ。何かとお騒がせな吉本興業所属のコンビは、チャラチャラしたキャラクターが売りである。

    「最近では、そのチャラキャラの裏に隠れた真面目キャラが人気となっている。しかし2人がコンビ結成するにあたっては、まったく“真面目ではない”複雑な事情がある」(お笑い事務所マネージャー)

    もともと別のコンビで活動していた者同士が、それぞれ解散後に新しいコンビを組んでからブレイクするといった例は珍しくなく、EXITもそのパターンに該当する。その元相方に何やらヤバすぎる問題があるという。

    「有名なのはりんたろー。がベイビーギャングというコンビを組んでいて、その当時の相方のKが度重なる無免許運転で逮捕され後に解散したという件。しかしそれよりも実は兼近の元相方のOの方がヤバいらしい」(同前)

    無免許運転も立派な犯罪だが、Oがそれよりもヤバいというのはどういうことか。

    「17年5月に週刊文春が、吉本所属の若手芸人3人が集団レイプを告発されて..



    【日時】2019年08月23日
    【ソース】覚醒ナックルズ
    【関連掲示板】


    【大ブレイク芸人EXIT「元相方の不祥事」が笑えない!】の続きを読む


    友近、マネージャーへのパワハラ疑惑に「男」の陰


    NO.7717512 2019/08/21 14:57
    友近、マネージャーへのパワハラ疑惑に「男」の陰
    友近、マネージャーへのパワハラ疑惑に「男」の陰
    8月21日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、友近の“パワハラ疑惑”について報じている。

    マネジャーに対し、「向いてないから辞めろ」といった暴言を吐いたり、深夜にまで及ぶ説教を繰り返しているというが、友近本人は「パワハラの意識はない」と否定。

    そんな中、友近の “パートナー”も、マネジャーにパワハラめいた言動を行っているとの話が業界内でささやかれているという。

    記事では友近自ら同誌の取材に応じ、マネジャーへの言動を一部認めたものの、本人にパワハラの意識はないようで、「言葉遣いには気をつけなあかんなって思ってます」とコメント。

    しかし、ダメ出しや説教は「正義感で言ってるんです」と、今後もやめるつもりはないようで、「まさに“パワハラ加害者の言い分”というべき反論なのではないでしょうか」(制作会社関係者)との声もある。

    そんな友近は、番組プロデューサーで演出も手掛ける40代男性N氏と、ここ数年交際関係にあるというが、「N氏もまた友近と一緒になってマネジャーに厳しい言動を繰り返し、スタッフの頭を悩ませている」(同)そうだ。

    「N氏は友近が出演する番組だけでなく、友近扮する演歌歌手・水谷千重子の舞台にも携わっており、公言こそしていないものの、周囲からすれば『公然のカップル』と言えるでしょう」(同)

    N氏は、友近のパワハラめいた言動を黙認しているどころか、場合によっては“加勢”することもあるのだそうだ。

    「友近がいない時には、『大変ですね』などとマネジャーをねぎらうこともありましたが、いざ友近と一緒になると、積極的に“アラ探し”をするそうです。友近にとっては、ストレス発散になっているのかもしれませんが、説教を受けるマネジャーや、その場に居合わせるほかのスタッフからすれば、たまったものではありません。

    制作会社界隈からは、『マネジャーは、友近とN氏によく耐えられるな』などと、心配する声が出ていますよ」(同)

    友近の恋人といえば、6年間の交際の末、2010年に破局を発表した、なだぎ武が有名だろう。

    「なだぎとはディラン&キャサリンとして、コンビ活動を行っていましたが、同じ“公私にわたるパートナー”でも、N氏の存在は周囲にとって迷惑でしかない。今回報道が出たことで、状況が多少なりとも改善されればいいのですが」(同)

    友近とN氏、マネジャー、スタッフ……誰もが気持ちよく働ける環境が整うことを願いたいものだが……。

    【日時】2019年08月21日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【友近、マネージャーへのパワハラ疑惑に「男」の陰】の続きを読む


    爆笑問題の太田光、立花孝志氏の言動を厳しく批判


    NO.7717439 2019/08/21 14:20
    爆笑問題の太田光、立花孝志氏の言動を厳しく批判
    爆笑問題の太田光、立花孝志氏の言動を厳しく批判
    爆笑問題の太田光(54)が、「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参院議員(52)の言動を厳しく批判した。

    太田は20日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、マツコ・デラックスのテレビ番組での発言に対する立花氏の抗議行動に「あれは完全に人格否定だし、暴力なんだよ、あいつのやってることは。肉体的な暴力ではなく言葉の暴力」と非難。

    立花氏がマツコらテレビ出演者を「スポンサーの犬」などと発言したことについても「当たり前じゃねぇかっていうんだよ、俺から言わせればさ。取引先に気を使わないやつなんてどこにいるんだよ、サラリーマンでもなんでも、メーカーでもなんでもさ」と反論した。

    また、立花氏がマツコ出演番組のスポンサー企業の商品に対する不買運動を展開するも中止したことについて、「『言い過ぎました』って、言い過ぎましたじゃないんだよ。それをやった時に立花の支持者は本当に買わないようにしたんだよ。でも何日かたって『あれは言いすぎました』っていうのは結局、お前こそが支持者を振り回してんじゃねぇか。お前の言葉の重みのなさが結局、政治家として信用できないだろ、そんなもん」とバッサリ。

    「あい..



    【日時】2019年08月21日 09:48
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】


    【爆笑問題の太田光、立花孝志氏の言動を厳しく批判】の続きを読む


    宮迫博之、アロハ姿で啓発ビラ配り 「復帰は考えていない」


    NO.7716750 2019/08/21 09:49
    宮迫博之、アロハ姿で啓発ビラ配り 「復帰は考えていない」
    宮迫博之、アロハ姿で啓発ビラ配り 「復帰は考えていない」
    一連の吉本問題は、「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)の嘘からはじまった。いまなお風当たりは強い。彼はその逆風に抗うかのように、8月上旬、社会貢献活動の第一歩を踏み出した。と同時に、あの会見以来初めて、メディアに対し自らの思いを自らの言葉で語ったのである。

    ここは神奈川、茅ヶ崎市にある市民文化会館のホール。フラダンスのイベント会場である。

    12時前、宮迫は関係者以外立入禁止と書かれた奥のスペースでイベントのスタッフや出演者たちと記念撮影をしていた。この時点で、ホールの外にいる来場者は宮迫の存在に気づいていない。

    12時に開場すると、通路に出てビラを配りはじめる。「え? あれ宮迫さんじゃない?」「写真撮ってもらおう」と口々に言い合う来場者。

    宮迫は一人ひとりに、丁寧に頭を下げながらビラを渡し、例の「宮迫です」のポーズで撮影に応じている。人々からかけられる言葉に感極まったか、時折、目が赤くなっているようにも見えた。開演が迫り、人が少なくなったところで話しかけると、

    「ごめんなさい、(来場者に)迷惑がかかるので……」

    と弱々しい答え。その手にあるビラには、〈振り込め詐欺 撲滅!〉とあっ..



    【日時】2019年08月21日 05:57
    【ソース】デイリー新潮
    【関連掲示板】


    【宮迫博之、アロハ姿で啓発ビラ配り 「復帰は考えていない」】の続きを読む


    茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた『あおり運転殴打事件』が、世間で大きな話題になっています。

    高速道路を運転していた男性に対し、白い車に乗ってあおり運転を行った宮崎文夫容疑者。最終的に男性の車を停止させた後、「殺すぞ」などと脅迫し、暴行に及びました。

    宮崎容疑者は傷害の疑いで指名手配された後に逮捕。宮崎容疑者は警察の取り調べに対し、暴行に及んだ動機について「前を走る(被害者の)車が遅く、妨害されたと感じた」と話しているといいます。

    また事件当日、車に同乗し、被害者男性が暴行される様子を携帯電話で撮影していた喜本奈津子容疑者も、宮崎容疑者をかくまった疑いで逮捕されました。

    カンニング竹山「まれに見るダサさの2人」

    2019年8月21日に放送された情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)では、容疑者2人の人柄などについて特集。

    今回の暴行事件だけでなく、宮崎容疑者と喜本容疑者が飲食店で過剰なクレームをつけるなど、周囲にしてきたさまざまな迷惑行為なども明るみになりました。

    番組のコメンテーターを務めるカンニング竹山さんは、容疑者2人について次のような意見を口にします。

    まれに見るダサさの2人ですよ。

    哀れな2人ですよね。孤独な中年の2人が哀れになるんです。社会で交わらないと。

    直撃LIVE グッディ! ーより引用

    カンニング竹山さんは、容疑者たちの振る舞いを「ダサい」と一蹴。

    続けて、ほかの共演者と一緒に、容疑者2人の関係を「お互いにしか通じない世界観のなかで生きてきたんでしょうね」と推察しました。

    ネット上では、カンニング竹山さんのコメントに、さまざまな声が上がっています。

    ・本当にそれ!

    カンニング竹山さんがズバリといってくれてスカッとした。

    ・この事件は本当に胸くそ悪い。俺様なあおり運転をする人は車を運転しないでほしい。

    罪のない被害者男性に対し、一方的な暴行に及んだことも含めて、容疑者の行為は許しがたいものといえるでしょう。

    産経ニュースによると、警察は今回の事件に対し道路交通法違反容疑での立件を視野に捜査しているとのこと。容疑者に対するしかるべき対処が望まれます。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    直撃LIVE グッディ!産経ニュース産経ニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【常磐道あおり運転 カンニング竹山の痛烈批判に、ネットで同意の声】の続きを読む

    このページのトップヘ