芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > お笑い芸人



    1 牛丼 ★ :2019/11/08(金) 07:25:40.32 ID:DUpP7UKw9.net

     上沼恵美子(64)が司会を務めるカンテレのバラエティー「快傑えみちゃんねる」(金曜午後7時=関西ローカル)に松本人志(56)が出演。8日に放送される。番組内で松本が「共演NG」の人物の名前を明*。

    上沼から「共演NGのゲストはいるのか?」というきわどい質問が飛ぶと、松本は「唯一あるとするならば…」と直球で回答。番組内で名前を挙げる。さらに松本は「この人にだけは勝てない」という、ある人物を告白。上沼もその人には太刀打ちできないという人物とは?

    昨年末の「M-1グランプリ」で、上沼が松本に出演オファーを出したのがきっかけで実現した異色対談。今回の収録は、台本はなく、楽屋あいさつや顔合わせもあえて行わず、スタジオに入るのも別々の入り口からという、まさにぶっつけ本番。収録日に初めてスタジオで顔を合わせ、本音トークを繰り広げた。

    上沼は「松本さんとは初対面ではないけれど、1対1で話すのは初めて。妙な緊張感…」と言いながらスタジオに入った。

    松本は「上沼さんに嫌われてると思っていたから直接オファーを受けたとき驚いたんですよ」と本音を明かした。

    番組内では昨年の「M-1グランプリ」放送後に起きた上沼に対する暴言騒動をめぐる“後日談”にも言及しているという。

    また、これまでに出演した大物ゲストの蔵出し映像も一挙公開する。

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201911070001084_m.html?mode=all


    【【芸能】松本人志「この人にだけは勝てない」共演NG明かす】の続きを読む



    1 伝説の田中c ★ :2019/11/08(金) 19:20:20.13 ID:zHGYNNwR9.net

     お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣と梶原雄太が11月3日にYouTubeの公式チャンネル「毎週キングコング」に投稿した動画の中で、自分たちの税金について言及した。

     東京国税局から7年間で合計約1億2,000万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を自粛しているお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実。この騒動について「何も言えない」とした梶原は、「こんなタイミングでちょうど僕も税金を払うタイミングだったんですよ」と話を切り出した。

     「YouTuberカジサック」としてブレイク中の梶原は、「めっちゃ収入が増えた」と前置きしたうえで、「はじめてこんな払うんやって思ったな~」と驚きをあらわに。続けて、税金の払い過ぎにより「えっ、俺、(お金が)なくなるやん!」とも。担当の税理士によると、あまりにも極端に稼ぎ過ぎてしまうと、1年目は税金の負担が大きく、その収入が2年、3年と続いていくことでやっとお金が貯まっていくのだとか。

     とはいえ、あまりの税率の高さに「びっくりした」という梶原。これに対して西野は「当たり前やけど、ちゃんと計算しとかないと破産するからね」と指摘しつつ、「それは思うところあるよな。それはもう、自分もグッと抑えてるけど」と共感した。

     なお、西野はクリーンな財務状況を作り出すために、自身の収支に関しては「税理士さんに丸投げしている」と述べ、「税金はえげつないですよ」と苦笑い。「こっちはこんだけ収めてても何も言わないのよ。この国のために、お国のために使ってください! これで公共事業やってください。皆さん幸せになってください。と思って気持ちをグッと抑えてるから」としたうえで、自分の父や母が「私たちの税金をこんなことに使いやがって!」と愚痴を吐いているところを見るにつれて、「そんなグチグチ言うなよ……」と内心思っていることを告白。「もっと前向きな意見を言おう」と呼び掛けていた。

     さらに西野はヒートアップし、「で、ここがむちゃくちゃこの国の一番病んでいるところなんだけど」と言い、「たくさん稼いで、たくさん税金を納めたら、めっちゃ嫌われる」とピシャリ。その理由を「ねたみ」と説明した西野が、高額な税金を納めた梶原に対して「だから今どんどん嫌われてるで」と指摘すると、梶原は「いつ好かれんの?(笑)」と訴えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00010006-realsound-ent


    【【芸能/YouTuber】「カジサック」としてブレイクのキンコン梶原、高額な納税額に驚く 「こんな払うんやって」】の続きを読む


    お笑いコンビメイプル超合金カズレーザーが、7日自身のインスタグラムを更新。トリックが隠された画像に、ファンから反響が相次いでいる。

    ■つい横読みしてしまう画像

    この日「ふっかつのじゅもん」とのコメントとともに投稿されたのは、ひらがなが羅列された画像。

    「のはいに つながふ をでこ」と一見なにが書かれているのわからない画像だが、縦読みしていくと「このフォントで文章を書くとただ普通に縦書きしただけなのだけれど ついつい横に読んでしまいたくなるのは男の子の宿命」と書かれていることがわかる。


    関連記事:カズレーザー、インスタに投稿した意味深動画に 「どうしたの?」「ホラー!」

    ■ドラクエ世代の宿命?

    フォントや文字の並びを見ると、『ドラゴンクエストシリーズ』でおなじみの「復活の呪文」を入力する画面を連想してしまう今回の投稿。

    コメント欄を見ると、カズレーザーの言う通り「ドラクエ世代の宿命」「女の子だけど横に読んじゃった」とつい横読みしてしまった人が多い様子。

    ■「魔法使い」が一番人気

    ドラクエ好きにはたまらない画像を投稿したカズレーザーしらべぇ編集部は過去、全国のドラクエを知っている男女762名を対象に「『ドラクエ』の世界に入れるなら、戦士/魔法使い/僧侶/遊び人のどれになりたい?」という調査を実施。

    その結果、一番人気は男女ともに「魔法使い」であることが判明した。

    ドラクエ

    懐かしさから「たまりませんね!」「ゲーム始めたくなった」と言ったコメントも。この投稿で忘れていた思い出が蘇ってきた人も少なくないのでは。

    ・合わせて読みたい→カズレーザー、鹿児島県を訪問も「投稿した写真」にツッコミの嵐

    (文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年4月22日2016年4月25日
    対象:全国20代~60代のドラクエを知っている男女762名 (有効回答数)

    カズレーザー、トリック写真に男性ファン興奮 「ついつい横に…」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【カズレーザー、トリック写真に男性ファン興奮 「ついつい横に…」】の続きを読む


    春日俊彰

    人気お笑いコンビオードリー若林正恭が、6日に自身のインスタグラムを更新。同日に放送された『ヒルナンデス! 』(日本テレビ系)で、相方・春日俊彰ギネス世界記録の更新に成功した秘訣を明かした。

    ■「パンツ早ばき」で記録更新

    今回、同番組で春日が挑戦したのは「パンツ早ばき」。30秒間で「何枚のパンツをはくことができるか」を競うわけだが、世界記録16枚であり、春日は練習の段階で18枚を記録。生放送の本番では17枚を記録し、無事に記録更新を達成しスタジオを沸かせた。

    関連記事:オードリー・若林、10年間でコンビの変化を告白 「春日が胸を張らなくなった」

    ■挑戦成功の秘訣は…

    同日に、若林はインスタグラムで、春日の写真とともに過去を振り返る。

    15年ほど前の春日について「ハーフパンツしか履かないキャラをやっていて、その裾を『ん〜〜〜』と言いながら引っ張りあげるギャグ? をやっていた」と明かす。

    今回の挑戦でも似たような動作があったため、「それが役に立ったのかな?」と成功の秘訣だと感じたようだ。


    ■マネージャーにも注目集まる

    続けて、15年も前のギャグのため「誰も知ってる人いないだろうな」と考えた若林。しかし、楽屋でその話をしたらマネージャーは知っていたらしく「なんだよ荒井怖いな」と嬉しそうなコメントを残した。

    実際、当時のキャラを知らないファンも多く「春日さんのハーフパンツキャラは知りませんでした」「昔の動画とか結構みてるのに知りませんでした」と驚きの声が相次ぐ。

    同時に、マネージャーに対する「オードリーすごい」「荒井マネさすがだな」と称賛の声も寄せられていた。

    ・合わせて読みたい→オードリー若林、有吉弘行が原因で春日に嫉妬 「本当に羨ましい」

    (文/しらべぇ編集部・ステさん

    オードリー春日、ギネス更新に役立った「15年前の行動」に衝撃


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【オードリー春日、ギネス更新に役立った「15年前の行動」に衝撃】の続きを読む


    代替テキスト

    お笑いコンビチュートリアル徳井義実(44)が東京国税局から7年間で計約1億2千万円の申告漏れを指摘された。23日の会見では、自身の「想像を絶するルーズさ」が原因として、「故意ではないか」との疑惑を否定した。それに対し、ネット上では「ルーズを言い訳にした悪質な脱税」との批判が噴出。26日には吉本興業の公式サイトで、「当面の間の活動自粛」が発表された。

    だが、ここにきて、ネット上では風向きが変わってきているようだ。徳井の過去のツイートが発掘され、“常識離れしたルーズさ”に信憑性が出てきたのだ。徳井は2009年12月Twitterを始め、2010年には《電気止まりました。ギガダルス》《未払いでした。夜中も復旧できるんですね》《クリスマスイブ、ガスが止まった…》、2011年には《またガス止まった》《やってしまった。水道が止まった…》、2012年にも《気付けばまた料金払い忘れてて、ガスが止まっている。今日は水風呂だ》とのツイートを投稿している。

    今回の件が発覚する何年も前から、日常生活に支障が出るほどのだらしなさを自ら告白していたのだ。この一連のツイートに、Twitter上では《電気、水道、ガスも払わないとしたら本当にガチなんだな》《誰か周りの人がサポートできなかったのか》《自分で支払いを管理する能力が無いんだよ。これは一種の病気かも》と、擁護の声が相次いでいる。

    また、《正直めちゃめちゃ分かるし多分いつか自分もこうなる》《他人事とは思えない》《そういう人が身近にいるから徳井さんが憎めない 節税のために会社作ったって毎回罰金で多めに税金払っちゃってるみたいだし》と共感する声も。

    活動休止の間は「あらためて納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかり見つめ直していきたい」とコメントした徳井。まずは自分のできないことを見つめ、他人に頼ることから始めるべきかもしれない。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【徳井義実「また水道止まった」9年前のツイートが話題再燃】の続きを読む

    このページのトップヘ