芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > ミュージシャン



    1 豆次郎 ★ :2019/07/03(水) 22:23:42.69 ID:ZXcf2tuf9.net

    2019年7月3日 16:17
    歌手の工藤静香さん(49)が、芸能界の親友である女優の飯島直子さん(51)との2ショットをインスタグラムにアップし、話題となっています。

    工藤さんは7月1日までに自身のインスタグラムに、6月28日に行われた自身のライブに来てくれたという飯島さんとの全身写真での2ショット写真を掲載。「なおちゃんもいつ会っても変わらない。本当に大好き」と飯島さんへの好意を綴っています。しかし、この2ショットが一部で波紋を呼んでいるというのです。

    その投稿がこちら。

    工藤静香さんのインスタグラム。たしかに飯島さんのほうがだいぶ若々しいかも…

    ネットではこの2ショットに対し「飯島直子可愛いな」「飯島直子が変わらず可愛い

    」「飯島直子さん、かわらず素敵~!」と飯島さんのみを褒める声が続出。また飯島さんのほうが工藤さんより2つ年上なことに対し「飯島直子の方が年上だよね? 飯島さんの方が若いし、キレイ」「飯島のほうが年上だったか…」と、工藤さんのほうが老けてみえることを指摘する声、さらには「何歳になっても“元ヤン”の雰囲気って出ちゃうものなのね」「元ヤン感が拭えない2人」と2人が醸し出すオーラを指摘する声も出ていました。
    「ネットでは『飯島さんによる工藤さんの公開処刑』なんて声もありましたが、飯島さんは丸顔、工藤さんは面長なので工藤さんのほうが老けて見えるというのはありますね。あと工藤さんはこの時、メイクが濃すぎるというのも要因の1つかもしれませんが…」(テレビ局勤務)

    この2人といえばかつて、2006年から2008年に放送されていたバラエティ番組『明石家さんちゃんねる』(TBS系)にレギュラー出演していた過去がありますが、仲の良い明石家さんまさんが司会ということもあって、かなり自由奔放に振る舞っていたことが思い出されますが…。

    「2人のロケ中の行儀の悪さが新聞に投書されるという事件もありましたよ」と語るのは、テレビ局関係者。というのも、2008年2月13日付けの朝日新聞に「飯島直子さんと工藤静香さんがオフィスの事務所机に腰掛けていること。明るく開放的な雰囲気の会社でもそれは許されないのではないか」という視聴者からの指摘があったのです。

    「その出来事は、2008年2月6日に放送された同番組で飲料メーカー『サッポロビール』に工藤さんと飯島さんがロケに行った時に起こりました。2人はフロアで社員のデスクに腰掛け楽しげに笑ったり、工藤さんが受付に寄りかかったり肘をつくなど、大人としてはかなり行儀の悪い振る舞いを行っていましたよ」(同上)

    また2人と共演していたさんまさんが、かつてある話を暴露したことでも話題に。さんまさんは2007年2月10日放送のラジオ番組『ヤングタウン』にて、工藤さんと飯島さんが2人集まると、かなり毒舌であることを暴露。

    「ある女優さんがいまして。その女優さんを2人がマウンテンゴリラって呼んでらっしゃる」 「『あの女、マウンテンじゃん』。もうね、静香ちゃん連呼するんですよ」

    と話されていたのです。

    「この女優さんは2004年に木村拓哉さんとドラマ『プライド』(フジテレビ系)で共演し、ヒロインを務めた竹内結子さんのことを指しているのだろうと業界で言われていました。ドラマ内では2人はかなり濃厚なキスを交わしていましたからね、工藤さんがヤキモチを妬いていてもおかしくはない。しかし、この2人が集まってそんな話をしていると思うと本当に怖いですね…」(芸能事務所勤務)

    工藤さんと飯島さんのコンビ、見た目も中身も怖いもの無しのようです!(文◎小池ロンポワン)

    https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_13215/
    画像はこちらから↓
    https://www.instagram.com/p/BzQQ1UrlS-D/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XRxr6QAAAAF6DlRbVNeA3cxlT_DT

    ★1がたった時間:2019/07/03(水) 17:50:35.01
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562143835/


    【【芸能】「お婆ちゃんじゃん!!」 工藤静香が飯島直子とツーショットを公開で話題 この二人がイジメていた女優とは…★2】の続きを読む



    NO.7578815
    工藤静香 公園での充電姿に「カッコいい」「また足伸びた」
    工藤静香 公園での充電姿に「カッコいい」「また足伸びた」
    歌手の工藤静香(49)が3日までに自身のインスタグラムを更新し、自身の手軽な充電方法について明かした。

    工藤は「リラックスしたい時、リセットしたい時、カバーアルバムDeep Breathを聞いて欲しいけど」と切り出し、「気が付いたら顔が暗い。心の使い過ぎで心が酸素不足になっている時ありませんか?そんな時の私の特効薬を教えます!」とコメント。

    「それは、静かな公園 5分でも立ち寄り、大きな木や空を見ると、酸素が心まで届くんだよ」と明かし、「みんな頑張ろう」と呼びかけた。

    インスタには前髪を垂らした自撮り写真や、公園で空を見上げる全身ショットを投稿。フォロワーからは「特効薬教えてくれてありがとう〜やってみます」「色んな表情が見れて嬉しい」「しーちゃんカッコいい また足伸びた」「今日のしーちゃんの髪型もカッチョいい」「スタイル抜群」「濡れたような前髪素敵です」などのコメントが寄せられている。



    【日時】2019年07月03日 11:28
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】


    【工藤静香 公園での充電姿に「カッコいい」「また足伸びた」】の続きを読む


    『モンパチ』ボーカル脱退




    【『モンパチ』ボーカル脱退】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/07/03(水) 06:02:15.54 ID:AgcwEWiP9.net

    [2019年7月3日5時0分]

    東山紀之(52)主演のテレビ朝日系ドラマ「刑事7人」(10日スタート、水曜午後9時)の会見が、このほど都内で行われた。

    ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87)がくも膜下出血で入院中であることが1日に明らかになり、所属タレントとして同日に会見した嵐に続き、コメント。「ジャニーさんの思いを継いだ僕の姿勢を見ていただきたい」と決意を示した。

       ◇   ◇   ◇

    ドラマの会見前、黒のスーツで姿を見せた東山は「ジャニーさんが先日くも膜下出血で倒れまして、今まさに頑張っているところです」と伏し目がちに切り出した。そして「タレントたちもそれぞれジャニーさんへ思いを送って、1日も早い回復を願っているところであります」と続けた。

    先月18日にジャニー社長が病院へ緊急搬送されたと聞いた時は、バラエティーの収録中だったという。その瞬間を「空間がゆがむというか、司会者の方の顔が見えなくなったり、頭の回転がいつも以上に鈍かった」と戸惑った様子を明かした。ただ、見舞いに行った際は「いい顔色を見て安心しました」と、ジャニー氏の様子についても触れた。

    東山はジャニー氏を「僕にとってはキング・オブ・エンターテインメント」と表現した。「ジャニーさんの“ショー・マスト・ゴー・オン”という思いを、今まさに僕らがやっていかないとならないと(所属タレント)全員思っている」と、どんな状況でも走り続ける決意を語った。最後は「この後記者会見になりますが、まるで僕はさっきとは別人のように出てきます。ジャニーさんの思いを継いだ僕の姿勢を見ていただきたい」と決意を示した。

    宣言通り、その後は会見の盛り上げに徹した。共演の田辺誠一(50)倉科カナ(31)白洲迅(26)塚本高史(36)吉田鋼太郎(60)北大路欣也(76)と夏らしい浴衣姿で登場。「皆さんとまた、いいチームワークでドラマができるなと、上がった気分になります。シーズン5まで迎えられるのはありがたい」と笑顔。会見では間もなくの七夕にちなみ、メンバーが短冊の願い事を披露する一幕も。
    今年還暦を迎えた吉田の「『老刑事7人』になっても続けていきたい」という短冊に、北大路、吉田に次ぐ年長者の東山は、若手メンバーを見渡し「そうか、僕も老刑事か。ハッとしました」と周囲を和ませた。白洲の「『刑事7人』が長く続きますように(拓海も含めて)」と自身の役の継続を願った短冊には、「こんなに媚びを売るヤツだとは思わなかった!」と、会場を笑いに包んだ。【遠藤尚子】

    ◆「刑事7人」 15年に第1シーズンが開始した刑事ドラマ。東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派刑事が、難事件解決に挑む物語。今シーズンは事件の複雑化、高度化を背景に、警視庁独自の部署として凶悪事件を専門に扱う「専従捜査班」が発足する。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907020000649.html


    【【芸能】東山紀之「ジャニーさん思い継ぐ」会見盛り上げ徹す 2019/07/03】の続きを読む


    鈴木亜美(37)、デビュー21周年を迎えた近影に驚きの声 「ほんと変わらない」



    鈴木亜美

    1日、歌手の鈴木亜美(37)が自身のインスタグラムを更新。デビュー21周年を迎えたことを明かすと、その若々しい近影に注目が集まった。

     

    ■98年のデビューから21年

    「21周年を迎えました」との文言で投稿を切り出した鈴木。7月1日は、98年にシングルlove the island』でデビューした記念すべき日で、今年で21周年に。

    「これからもどうぞ宜しくお願いします」と綴るとともに、17年1月に出産した長男との写真をアップした鈴木。ハッシュタグでは「ファミリーで肉」「スタミナつける」と綴っており、いよいよ本格化する暑い夏に備えているようだ。

     

    ■「年を重ねママになってもかわいい」

    この投稿に対し、ファンからはデビュー時を懐かしむ声が集まることに。

    「あのASAYANデビューから18年! おめでとうございます! 年を重ねママになってもかわいい

     

    亜美ちゃん21周年おめでとうございます

     

    「あれから21年って、早すぎる笑 まだまだ走り続けてね」

     

    「ほんと変わらないね」

     

    「10代だった亜美ちゃんも大人に…でもかわいいよ!」

     

    一方、アラフォーになった今も変わらず若々しく、かわいいままの彼女に改めて驚き直した様子の人も。

     

    ■6割が「童顔のほうが得だと思う」

    抜群のルックスで、一世を風靡した鈴木。今も若々しく見えるのは、彼女が童顔寄りの顔であることも影響しているだろう。

    ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,348名を対象に「童顔」について意識調査を実施したところ、全体約6割の人が「童顔のほうが生きていくうえで得だと思う」と回答した。

    sirabee0927setouchi002

    最近は芸能界屈指の激辛好きとして、バラエティ番組でも活躍中の鈴木。今後も変わらぬ活躍が期待できそうだ。

    ・合わせて読みたい→中3長男と小5次女が扇風機をめぐって争い まさかの光景に母は「何やってんの〜!」

    (文/しらべぇ編集部・宝田洸太

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日2017年8月28日
    対象:全国20代〜60代までの男女1,348名(有効回答数)

    鈴木亜美(37)、デビュー21周年を迎えた近影に驚きの声 「ほんと変わらない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【鈴木亜美(37)、デビュー21周年を迎えた近影に驚きの声 「ほんと変わらない」】の続きを読む

    このページのトップヘ