芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > ミュージシャン



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/04(木) 14:37:54.44 ID:CSUE9T629.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    歌手のGACKTが46歳の誕生日を迎えた4日、自身のインスタグラムを更新。祝福の声に感謝するとともに、鍛え上げた肉体をして反響を呼んでいる。

    GACKTは「世界46歳寝起き選手権始めました。エントリーナンバー1番、GACKT」とつづり、寝起きらしき顔で割れた腹筋を見せた自撮りショットをアップ。

    その上で「46歳になっちゃいました」「未だ成長中」「生誕祭」「誕生日祝いのメッセージありがと」とファンからの祝福に感謝した。

    普段からジムなどでハードなトレーニングに励む姿をSNSにアップしているGACKT。この投稿には「ステキな身体 ずっとついていきます」
    「鼻血出る」「すご~い なんかセクシー!」「いつまでもオンリーワンで大好きです!」「相変わらずの肉体美ありがとうございま~す!」「46歳とは思えない美しさ」などの声が上がっている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16720775/
    2019年7月4日 11時53分 スポーツ報知


    【【芸能】GACKT、46歳誕生日に割れた腹筋を披露「鼻血出る」「46歳とは思えない美しさ」と反響】の続きを読む


    いきものがかり、山下穂尊の女性問題で『紅白』絶望的か?


    NO.7586097 2019/07/06 20:19
    いきものがかり、山下穂尊の女性問題で『紅白』絶望的か?
    いきものがかり、山下穂尊の女性問題で『紅白』絶望的か?
    文藝春秋が運営するニュースサイト「文春オンライン」が、いきものがかりのギター・山下穂尊の女性問題を報じた。

    山下の不誠実な態度に、堪忍袋の緒が切れた一般女性・A子さんが、山下の素行の悪さを告発。

    また、山下がA子さんに送ったとされる「NHKが俺らのこと好きだから」という内容のLINEのスクリーンショット画面が公開され、一部業界関係者の間で物議を醸しているが、この一件が公になる以前から、NHKを含む各メディアは、山下に「取扱注意」の烙印を押していたという。

    記事によると、山下とA子さんは昨年春に飲み会で知り合い、同年7月末から今年1月にかけて“交際”関係にあったという。

    しかし、次第に会う頻度は減っていき、ある時A子さんが山下の自宅を訪れると、ゴミ箱には使用済みのコンドームが捨てられていたそうだ。

    「複数の女性と肉体関係を持ったとされるふしだらな私生活も問題ですが、ネット上は山下のLINEの内容に批判が集中しています。山下を心配したA子さんが『そんなことばっかしてたら仕事無くすよ?』と送ると、山下は『NHKが俺らのこと好きだから、無くならないですわ』と返信。『NHK紅白歌合戦』出場や朝ドラの主題歌を担当するなど、確かにいきものがかりのNHKへの“貢献度”は高いものの、さすがにこの文言には多くの非難が集まっています」(スポーツ紙記者) NHKから支払われる出演料は、キー局と比べて「安い」と言われているものの、定期的に同局に出演することには、おカネ以上の恩恵が含まれているのだとか。

    「ほかのテレビ局やスポンサーは、NHKへの出演経験などを “指針”にしてオファーしているんです。山下の言う通り、NHKの常連となっているタレントやアーティストは、必然的に各局からのオファーが増えるため、『成功している側』と言って間違いありません」(同) しかし、今回の一件とはまた別に、一部業界関係者の間で私生活のトラブルが取り沙汰されていたという。

    「今年の出来事ですが、山下に関する“ある情報”が捜査機関から報道各社に流れてきたことがありました。結局、この件は公にこそなりませんでしたが、当然NHKも事態を把握していたはず。『文春』の報道以前から、いきものがかりについては、『紅白出場は厳しくなったかもしれない』とささやかれていました」(週刊誌デスク) 今回は一般女性からの“告発”という形でスキャンダルが世に出たが、山下の抱えている闇は、もっと深いのかもしれない。
    【日時】2019年07月06日 12:00
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【いきものがかり、山下穂尊の女性問題で『紅白』絶望的か?】の続きを読む


    矢沢永吉、初の主催フェスで7年ぶり新アルバムリリースを発表




    【矢沢永吉、初の主催フェスで7年ぶり新アルバムリリースを発表】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/07/04(木) 23:16:15.49 ID:77Wxph1a9.net

    北川悠仁子育て方針で対立離婚危機2019.07.04

    ゆず・北川悠仁と妻・高島彩に離婚危機! 宗教上の不一致で嫁姑バトル勃発かの画像1
    ゆず・北川悠仁 インスタグラムより


     ゆず・北川悠仁とアナウンサー・高島彩の長女の小学校受験をめぐり、高島と宗教法人「かむながらのみち」の教主を務める北川の母・慈敬さんの間でトラブルが勃発しているという。

     4日発売の「女性セブン」(小学館)によれば、高島が2017年4月から『サタデーステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを始めたことで、嫁姑関係が悪化。さらに、来年から小学生になる長女を小中高一貫教育のカトリック系の女子校に入れたい高島と、自分の教えと異なる宗教系の学校に孫を入れたくない慈敬さんが対立。高島は実家を避けるようになり、受験準備を推し進めているという。

     北川と高島は2011年に「かむながらのみち」の総本山である山梨県の身曾岐神社で挙式を行い、14年に長女を出産。その際、慈敬さんは同宗教の公式サイトで「子どもは親の映し鏡ですよ」「それまで自分のためだけに生きてきた心を入れ替え、この命が少しでも世のため、人のためにお役に立つようにと、自己の心身を捧げる生き方のことです」などと、高島へのメッセージともとれる文章を発表していた。

     「同宗教は夫唱婦随による家庭円満を実践目標に掲げており、慈敬さんは説法のなかで“家庭における女性のあり方”について繰り返すなど、現代では男尊女卑ととられかねない部分も。結婚後の高島は義母の思いに応えようと仕事をセーブしていますが、早くも限界を感じているのかも」(記者)

     総本山である身曾岐神社では、毎年ゆずのライブが行われているが、ゆくゆくは北川が教主を継ぐといわれている。

     「北川が継ぐとなると、妻である高島は義母の教えを守り、数千人の会員に対して家庭の大切さを伝え、見本とならなければならない。そのためには、仕事をきっぱり辞めて家庭に入る必要があるでしょう。高島がそれに耐えられないと判断した時点で、離婚もありえそう」(同)

     現在、2人の娘の子育てをしながら、『サタデーステーション』のキャスターを務めている高島。先の長い結婚生活、姑とうまくやっていけるだろうか?

    https://entamega.com/19646


    【【芸能】ゆず・北川悠仁と妻・高島彩に離婚危機! “宗教上の不一致”で嫁姑バトル勃発か】の続きを読む


    金爆・鬼龍院、ライブ会場に電車で向かうと思わぬ展開に 「僕ら以外…」



    2日、ゴールデンボンバー(以下、金爆)の鬼龍院翔が自身のブログを更新。ライブ会場に電車で向かったことを明かした。

     

    ■地元の電車で会場最寄り駅へ

    現在、 「地方民について本気出して考えてみた~4年以上行ってない県ツアー~」という名前の、なんだか某ポルノグラフィティの楽曲名のようなライブツアーを敢行中の金爆。この日は北海道北斗市を訪れ、ライブ前には道南地区の名物チェーン店である「ラッキーピエロ」に足を運んだという。

    そして、テイクアウトしたのち「せっかくなので」と、地元の道南いさりび鉄道に乗って会場入りすることになったのだが……。

     

    ■大スターが電車に乗ったが……

    女々しくて』で大ブレイクして以降、一発屋にならずにずっと高い人気を誇る金爆。そんなスターである彼らが電車で会場の最寄り駅まで行けば、大騒動になるはず……

    と思いきや、「会場へ向かうファンの人居るだろうと思ったけど僕ら以外地元の人1人だけでした笑」とのこと。

    しかし、会場最寄りの駅では「歓迎 ゴールデンボンバー様 ファンの皆様」と書かれた張り紙があったり、GLAYTERUから差し入れが行なわれるなど、大喜びで迎え入れられることに。

    人々の暖かさに感激した様子の鬼龍院は「沢山楽しかったー」「北斗市、来れてよかったです」と綴ったのだった。

    ■ファンも感激

    電車でスター気分を味わうことはできなかった鬼龍院。しかし、街をあげての歓迎に金爆ファンも感激したようで、コメント欄には以下のような声が。

    「街あげての大歓迎素晴らしい!」

     

    北斗市の歓迎ぶりが あたたかくて感激しました」

     

    北斗市すごい歓迎してくださって嬉しいね。ブログ読んでいてちょっと感動だよ」

     

    「昨日は北斗市ライブお疲れ様でした! 超楽しかったよ。仕事帰りに行って、ライブ終わりに家に帰る。こんな都会の人しか出来ないような経験をさせてくれてありがとう!」

     

    また、道南地区のファンから感謝のコメントも寄せられている。

     

    ■ライブハウス経験者は3割

    しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の31.2%が「ライブハウスに行ったことがある」と回答。

    ライブに行ったことがある

    性年代別では、もっとも該当率が高いのは30代で4割。都市部に住んでいる音楽好き人には想像できないかもしれないが、定期的にライブハウスに行く人は少数派なのだ。

    エンタメ性に富んだライブと、ファンを徹底的に大切にする姿勢で売れ続ける金爆。今後の活躍も楽しみだ。

    ・合わせて読みたい→中3長男と小5次女が扇風機をめぐって争い まさかの光景に母は「何やってんの〜!」

    (文/しらべぇ編集部・宝田洸太

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
    対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

    金爆・鬼龍院、ライブ会場に電車で向かうと思わぬ展開に 「僕ら以外…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【金爆・鬼龍院、ライブ会場に電車で向かうと思わぬ展開に 「僕ら以外…」】の続きを読む

    このページのトップヘ