芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > 俳優



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/25(水) 19:28:48.05 ID:TzgsG5o+9.net

    女優の裕木奈江(49)が、自身の公式インスタグラムを更新。過去に映画で田中邦衛(86)と共演した際の写真を公開し、反響を呼んでいる。

    ■懐かしの『サラリーマン専科』

    裕木が話題の写真を公開したのは、24日。23日に1993年の映画『学校』(山田洋次監督)が放送されたことを受けて、同作で共演した田中とのツーショット写真を公開。

    「#サラリーマン専科」というタグをつけて、『学校』ではなく『サラリーマン専科』(朝原雄三監督)でのひとコマであることを明かし、

    「#学校 がオンエアされたと聞いて思い出した #サラリーマン専科。名優、田中邦衛さんとは『北の国から』で恋人の父、『学校』でクラスメイト、そしてこの作品では娘、という3つの役でご一緒させていただきました。

    現場では新人のこちらから話しかけられる方ではないのでおとなしくお仕事を見させていただいておりました #日本映画 #懐かしい」

    と、思い出を綴っている。

    View this post on Instagram
    #学校 がオンエアされたと聞いて思い出した #サラリーマン専科。
    名優、田中邦衛さんとは「北の国から」で恋人の父、「学校」でクラスメイト、そしてこの作品では娘、という3つの役でご一緒させていただきました。
    現場では新人のこちらから話しかけられる方ではないのでおとなしくお仕事を見させていただいておりました(^^) #日本映画 #懐かしい

    A post shared by Nae Yuuki 裕木奈江 (@nae_yuuki) on Sep 23, 2019 at 8:30am PDT


    関連記事:49歳になった裕木奈江 かわいらしい近影に「あの頃のまま」とファン歓喜

    ■素直に「とてもかわいかった」
    しらべぇ既報のとおり、7月にはかわいらしい近影写真を公開し話題になった裕木奈江。

    現在も49歳には見えない美しさの彼女だが、1995年の映画『サラリーマン専科。』撮影時の可憐さは衝撃的。コメント欄には当時の彼女の思い出を語るファンの声が複数書き込まれていた。

    「『北の国から』の奈江さんの魅力に吸い込まれてました…」

    「とても可愛かったなぁ」

    「曖昧meの奈江さんも、同時私はアングラなフランス映画の女優さんみたいに感じて釘付けでした」

    「どれも大好きでした。いまも憧れのお姉さんです!」

    「ちょうど偶然に観てました、あの髪形が懐かしくまた良く似合っておられましたね。今思うと若い女性像の代表だったのかな。」

    また、「邦衛さん元気してるかなあ?」と田中邦衛の近況に思いを馳せた書き込みも見られた。

    ■大先輩の仕事を「見ていた」

    大先輩の田中に対し「現場では新人のこちらから話しかけられる方ではないのでおとなしくお仕事を見させていただいておりました」と語り、尊敬の念を表している裕木。

    過去にしらべぇ編集部で全国10~20代の男女1,721名を対象に「先輩」について調査したところ、全体の28.1%が「先輩のおかげで成長できたと思う」と回答。裕木奈江と同じ40代女性では25.2%が「成長できた」と答えていた。

    ■美しい大人の女優に成長

    アイドル的人気を誇った20代から、バッシングを受けるなど波乱の時期を経て落ち着いた大人の女優に成長した裕木奈江。演技力に定評がある彼女なだけに、今後も日本映画でのさらなる活躍が期待できそうだ。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162167697/
    2019年09月24日 20時00分 しらべぇ


    (出典 www.bsfuji.tv)

    h
    (出典 img-proxy.blog-video.jp)


    【【芸能】裕木奈江、田中邦衛との思い出を語る 若い頃の姿が「かわいい」と話題】の続きを読む


    大沢たかお、2年間休業の理由告白




    【 大沢たかお、2年間休業の理由告白】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/24(火) 16:59:52.92 ID:mBKS/ZvK9.net

    女優の永野芽郁(20)が24日、自身のインスタグラムを更新。同日に自身20歳の誕生日を迎えたことを報告し、抱負をつづった。

    永野は「20歳になりました」と報告し「見えていなかった景色、感覚、時間。沢山味わって面白がって少しずつ素敵なレディになれますように!!笑」と意気込んだ。
    最後は「人生の中で一つの大きな節目。よし。楽しむぞ」と締めくくった。

    これを受け、ファンからは「おめでとう!素敵なハタチにしてね」「お酒が飲めるね」「20代、楽しんでね!」などと祝福の声が寄せられている。

    9/24(火) 15:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000155-spnannex-ent



    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】永野芽郁 SNSで誕生日を報告&20歳の抱負「素敵なレディになれますように!」】の続きを読む



    1 マイソールのネコ ★ :2019/09/24(火) 18:33:45.81 ID:VhP0Ejm59.net

    紅蘭は24日、インスタグラムのストーリーズを更新し、「DNA検査結果が出た 驚きの事実、、、まず、家族に話に行こう」と書き出した。

    父の正雄が米軍兵士の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフで、紅蘭は自身がクオーターだということは知らされていたというが、今回の検査で「私がクオーターなのは間違いないが やっと詳しく国や街がわかった おじいちゃんはアメリカ兵しかわからなかったが、、アメリカ兵って言っても何人?って感じだった」と、祖父の国籍が判明したという。

    詳細については明かしていないが、祖父と同じDNAでつながる人たちの情報もわかったといい、「血が強いと連絡が取れる もしかしたらおじいちゃん探せるチャンスなのか? まだ生きてるのかも謎だけど、パパに似てたのかな? とか写真だけでもみたいよねw パパもおじいちゃんみたことも写真すらないみたいで すごい気になるルーツなのだ」と期待をつづった。

    9/24(火) 17:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-09240420-nksports-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】紅蘭、DNA検査で祖父の国籍が判明 「やっと詳しく国や街がわかった」「もしかしたらおじいちゃん探せるチャンスなのか?」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/23(月) 12:10:36.29 ID:Qf+4he9C9.net

    人気若手女優の浜辺美波がバラエティー番組で明かした「友だちがいない」発言が、物議を醸している。ネット上では「たぶん本当だろう」と、納得の声が大勢を占めた。

    「若手女優は自分の清潔さ出すために、あえて〝友だちいない発言〟するのは常套手段。その理由は、交際相手はもちろん、同性にさえ感化されていないというイメージを作りたいからです。でも浜辺の場合、本当にいない雰囲気がアリアリ。彼女、どこかアブナイ系の雰囲気がありますからね」(芸能ライター)

    浜辺は9月17日放送のバラエティー番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。若者の間で流行しているフレーズを答えるクイズで回答できず、「友だちがいないんで、情報が入ってこないです」と返答した。

    「もちろん、誇張はあると思います。でも彼女は石川県の中学時代にオーディションに合格後、高校からすでに親元を離れて東京で生活。基本的には事務所管理の中で暮らしています。事務所としては仕事さえ取れれば、別に友人などいらない。しかも高校は芸能人の御用達高校で、出席もうるさくなかった。同年代に関わりがなくても不思議はないんです」(同・ライター)

    全然目が笑ってない
    2011年、『東宝シンデレラオーディション』で〝ニュージェネレーション賞〟を受賞。17年、大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』に主演。続けてドラマ『賭ケグルイ』(毎日放送)の主演も張った。

    「映画のヒットで注目されながら、なぜかくすぶり続けています。大型ドラマの主演もなく、突き抜けた感はないですね」(テレビ雑誌編集者)

    本サイトでも、これまで何度か浜辺について触れてきたが、明るい話題は極めて少ない。

    「華奢で〝Aカップ美乳〟といえば聞こえはいいのですが、裏を返せば神経質な激ヤセ系と見る向きは多い。一見かわいらしいアイドルテイストなのですが、全然目が笑っていません。だからコワイとかイッていると見られるわけです」(同・編集者)

    友だちがいるかどうかについても、

    「発言の真偽より、友だちがいるようには思えない。そのため最近では〝陰キャ〟なんてレッテルも貼られています。本人は『緊張を通り越すと、ボーッとしちゃうんです』と言っていますが…」(前出の芸能ライター)

    もしこれらが〝演技〟だとしたら、もっとブレークできるはず? 何はともあれガンバってほしいものだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2013877/
    2019.09.23 10:32 まいじつ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【【芸能】浜辺美波「友だちいない」発言に“ほぼ全員”が納得する理由】の続きを読む

    このページのトップヘ