芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ:芸能 > アイドル


    【画像有】今度は“盗作疑惑”。なぜBTS(防弾少年団)は世界各地で騒動が絶えないのか



    韓国はもちろん、日本や欧米でも人気のボーイグループBTS(防弾少年団)がまたもや騒がしい。

    今度は“ピョジョル疑惑”が持ち上がった。

    ピョジョルを漢字にすると“剽窃”となる。「他人の作品を自分のものとして発表する」という意味で、平たくいえば盗作やパクリと同じ意味として韓国ではよく使われる言葉だが、BTSへの“ピョジョル疑惑”を訴えたのは、フランスの写真家ベルナール・フォコン氏だ。

    日本でも写真集を発表したことがある今年で68歳になる写真家が、BTS2016年に発表した写真集に収められたいくつかの写真と、アルバムWINGS』に収められたタイトル曲『血、汗、涙』のミュージックビデオの一部が、自らの作品に似ているとしたことを、韓国の一般紙『ハンギョレ新聞』(2月25日付け)が報じたのだ。

    (関連記事:ピカチュウに『逃げ恥』まで!? なぜ韓国で日本コンテンツのパクリが絶えないのか)

    このニュースにほかの韓国メディアも一斉に食いつき大々的に報道。

    ただ、BTSが所属するビッグヒットエンターテインメントも黙っておらず、「フォコン氏が提議された類似性の主張について、該当の主張は成立しないという意見を伝えた」と真っ向から否定しているが、BTSにまつわる騒動はなぜにこうも世界各地で絶えないのだろうか。

    というのも、例えば昨年5月、メキシコテレビ番組内でBTSに対する差別発言が飛び交ったということでファンからは怒りの声が続出し、番組司会者の一人が謝罪のコメントを発表する騒動があった。

    昨年11月には日本で“原爆Tシャツ”がきっかけで、『ミュージックステーション』出演が見送りになり、大きな波紋を呼んだ。

    同じく昨年11月にはアメリカユダヤ人団体『サイモン・ウィーゼンタール・センター』から謝罪を要求されている。

    年が変わって今年になると、ロシア南部にある2つの映画館BTSコンサート映像の上映が中止に追い込まれた。

    イスラム教グループBTSメンバーを「男らしくない」うえに「同性愛者」と決めつけ、上映中止を訴えたことがきっかけだったという。



    (写真提供=SPORTS KOREABTS



    ギリシャではテレビ番組の女性司会者がBTSを侮辱するような行為があったとしてファンが激怒。女性司会者は自身のSNSを通じて「侮辱的だと感じた人たちに申し訳ない」と謝罪する事態があった。

    差別騒動に政治問題、謝罪要求に侮辱行為とセンシティブな問題が次から次へと、それも中南米、北米、アジアヨーロッパと世界各地で騒動が起きているのだ。

    裏返せば、それだけ彼らの知名度と活動がワールドワイドで、さまざまな騒動に巻き込まれるのもワールドスターの宿命ともいえなくもないが、世界のあちこちでこうも騒がしくなってくるとBTSのことが心配にもなってくる。


    韓国で記者会見する用意も

    取材を進めている『スポーツソウル』芸能部によると、フォコン氏は4月に来韓して今回の件に関して記者会見を開く用意もあるという。

    4月に中国・成都に開館予定の自身の名を冠した美術館で、BTSの映像をパロディ化した内容の作品を公開することも検討しているという。

    韓国ではフォコン氏がBTSネームバリューを利用したノイズ・マーケティングとして“ピョジョル疑惑”を持ち出しているとの見方もあるが、いずれにしてもBTS存在感と影響力が大きくなればなるほど、それと比例してアンチややっかみが増えていき、重箱の隅をつつくような指摘や予期せぬ非難が次々と起こっているのも事実だ。

    それだけにマネージメントサイドも現実をしっかり受け止め、賢明かつ迅速な対応をすべきだろう。

    「防弾少年団ピョジョル攻防、長期化か」(『エクススポーツ』)と懸念されているように、騒ぎが長引かなければいいのだが…。

    (文=慎 武宏)

    (写真提供=SPORTS KOREA)BTS


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【画像有】今度は“盗作疑惑”。なぜBTS(防弾少年団)は世界各地で騒動が絶えないのか】の続きを読む


    NEWS・小山慶一郎、アニメ愛を熱弁「出会えたことが幸せ」



    NEWSの小山慶一郎が、26日に放送されたラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送/毎週火曜24:00~24:30)で、最近ハマっているというアニメについて熱く語った。

    インターネットの動画配信サービスで毎日アニメを鑑賞しているという小山は、「新しい趣味を見つけたいなと思って。動画配信でアニメがものすごい出ているし、一回観てみようかなと。俺のアニメ生活はワンクリックから始まった」ときっかけを話した。

    最初に鑑賞したアニメは『東京喰種トーキョーグール』だそうで、「超おもしれえ!カネキくん、めちゃくちゃかっけえわ!主題歌が流れた瞬間、ゾワッとするんだよね」と興奮気味に話し、「俺一番今欲しいものがあって。カネキくんのマスク。カラコンで隻眼にしたいもんね」とドハマりしている様子。

    続けて、「『約束のネバーランド』もいいね。NEWSとしては、ネバーランドでエマ(主人公)っていいなと思って、安易な気持ちで観始めたらもう抜け出せない」、「ちょっとエッチな『監獄学園(プリズンスクール)』も面白いよね。ギャグっぽいけど、男の子としてはドM感が働くよね」と矢継ぎ早に紹介した。

    小山は、周囲の人におすすめのアニメを聞いているそうで、「『ラブライブ!』は絶対出てくるけど、観てる自分が想像つかない」としつつ、「ものすごいファンもいるから、それだけ愛される理由が必ずあるはず。宮田くんがすごい好きなんですよね」と、Kis-My-Ft2宮田俊哉が『ラブライブ!ファンであることも証言。

    最後は、「俺アニメに出会えたことが幸せだなあと思って。35歳手前になるまで、何で知らなかったんだろう? 自分の心に突き刺さる物語もあるじゃない。俺、アニメ観て何回も泣いてるよ」と話していた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【NEWS・小山慶一郎、アニメ愛を熱弁「出会えたことが幸せ」】の続きを読む


    【画像有】『Fカップの広瀬すず』矢作萌夏がチュロスを咥えた意味深ショット



    一部では「Fカップ広瀬すず」と呼ばれ、今後の活躍とその胸に大きな期待が集まっている『AKB48』の新人・矢作萌夏。3月13日に発売する『AKB48』55枚目シングルでは初選抜に抜擢され、ブレークするのは時間の問題だ。そんな中、ツイッターに〝お宝写真〟を投稿して話題になっている。

    【関連】パイタッチ寸前!「Fカップの広瀬すず」矢作萌夏の握手会がヤバ過ぎ ほか

    2月23日、矢作は、

    《萌ちゃん遊園地いきたい! みんなは #USJ と #ディズニー どっちがすち~? #AKB48 #萌ちゃんどっちも #すち #キティちゃん #チュロス #きゃわみ》

    とつづりながら、2枚の写真を投稿。おそらくそれぞれ『ユニバーサルスタジオジャパン』と『東京ディズニーリゾート』で撮影したもので、パークを満喫している矢作の姿が映っている。

    ディズニー」の写真は、ミニーマウスカチューシャを着けた矢作が、スイーツを持ちながら写っているもの。「USJ」の写真は、スヌーピーの帽子をかぶった矢作が、大きくて太いチュロスを咥えているものだ。


     

    『Fカップの広瀬すず』矢作萌夏がチュロスを咥えた意味深ショット

    指原莉乃、矢作は「後輩の中で一番変」

    すると〝チュロス〟に一部のファンたちが反応。

    チュロスになりたい人生だった》
    《ところで何をくわえてるの?》

    などといったコメントが寄せられていた。

    「矢作はまだ16歳なので、さすがにストレートセクハラコメントは寄せられていませんが、ほとんどの男性ファンが興奮したことは確実。また、この写真は矢作の〝策略〟だという可能性も。彼女は以前から巨乳をアピールするあざとい仕草を多くしており、自身の強みを分かっているようでしたからね。今後も意味深な写真を投稿してくれるはずです」(アイドルライター

    先輩の指原莉乃は、矢作を「後輩の中で一番変」と評していた。果たしてこれからどんな本性をさらけ出していくのだろうか。

     

    【あわせて読みたい記事ランキング

    1位 大河『いだてん』大ピンチ…「打ち切り」か「禁断の女優」投入か!?

    2位 「バカなの?」川口春奈の『奇妙なこだわり』理由が酷すぎてドン引き

    3位 “イジメっ子”松嶋尚美「陰気な女が嫌い」発言に批判が続出

    4位 「高視聴率」だけどクソドラマ?『3年A組』の評価が異様に低い理由

    5位 ケンカ売ってる?『キスマイ』のCMが平成最大級に不快と大ヒンシュク

    6位 工藤静香『鬼混ぜ飯』のセンスが「破滅的」で心配されるのは…

    7位 ボーボーだな!『月9』女優・新木優子「すっぴんの毛量」に驚き


    <span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; width: 0px; overflow: hidden; line-height: 0;" class="mce_SELRES_start"></span> gmossp_forsp.ad('g905084');

    『Fカップの広瀬すず』矢作萌夏がチュロスを咥えた意味深ショットまいじつで公開された投稿です。

    (C)papamafia / Shutterstock


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【画像有】『Fカップの広瀬すず』矢作萌夏がチュロスを咥えた意味深ショット】の続きを読む


    【画像有】森保まどか(HKT48)、ソロピアノALで松任谷正隆とタッグ ティザー映像も公開に



     HKT48の1期生メンバー森保まどかのソロピアノアルバムプロデューサー松任谷正隆が担当することが分かった。

     松任谷プロデュースによるミュージックビデオの制作も進んでおり、先駆けてティザー映像(youtu.be/qpt-dHg1TSs)が公開に。また、2月28日から3月3日まで、パシフィコ横浜で開催される、カメラと写真映像のワールドプレミアショー【CP+】の富士フィルムブースにて、MVフルとメイキング映像が期間中限定公開される。富士フイルムの全面協力の元、収録・編集された4K HDR版は会場のみでの公開となっており通常版では見ることができない高精細な美しい映像を体感することができる。

    森保まどか(HKT48)、ソロピアノALで松任谷正隆とタッグ ティザー映像も公開に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【画像有】森保まどか(HKT48)、ソロピアノALで松任谷正隆とタッグ ティザー映像も公開に】の続きを読む


    【画像有】欅坂46菅井友香&守屋茜、輝く太陽とナチュラルスマイル共演 黒いドレス姿も披露



     人気アイドルグループ欅坂46キャプテンの菅井友香(23)と副キャプテンの守屋茜(21)が、27日発売の『週刊少年マガジン13号講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。飛躍するグループを牽引する2人が、息の合ったコンビネーショングラビアで披露した。

    【写真】息の合ったポーズを見せる菅井友香&守屋茜

     グループキャプテンで、清楚な“お嬢様”として人気を集める菅井。6月に発売した1stソロ写真集『フィアンセ』も大ヒットを記録し、趣味の乗馬を生かして2年連続で『馬術スペシャルアンバサダー』に就任するなど、個人としても急成長している。

     副キャプテンの守屋は、可憐なルックスながら運動神経バツグンで「軍曹」とも呼ばれる体育会系のガチっぷりというギャップから、ファンが急増中。個性豊かなメンバーがそろうグループを菅井とともに支えている。

     そんな2人が、自然光たっぷりのロケ撮影で自然な魅力をたっぷり表現。ブリーがリンクしたコーディネイトや大人っぽい黒いドレスを着こなし、歌っているときのクールな表情ではない自然体の笑顔を見せている。

     同誌の公式ツイッター【@shonenmagazine1】やインスタグラム【@shonenmagazine.kousiki】では、アザーカットを公開中。同号の巻頭カラー漫画は『ご等分の花嫁』(春場ねぎ)。

    撮影/HIROKAZU スタイリング/南拓子 ヘアメイク/田村直子、スミホシナ デザイン/坂上和也(banjo)

    『週刊少年マガジン』13号の表紙を飾った欅坂46・菅井友香(左)&守屋茜


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【画像有】欅坂46菅井友香&守屋茜、輝く太陽とナチュラルスマイル共演 黒いドレス姿も披露】の続きを読む

    このページのトップヘ