芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ: 芸能


    「作った楽曲を最初から最後まで聞いてほしい」「新曲をなるべく多くの人たちに聞いてほしい」というアーティストの願いを叶える音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」。アーティストによるライブさながらの熱い“フルコーラス”パフォーマンスに加え、MCのベッキーとハマ・オカモトによって深掘りされるアーティストの素顔も見どころだ。2月11日(月)の放送回には、声優の花澤香菜が登場。番組収録の感想や、2月20日(水)リリースの5thアルバム「ココベース」について語ってもらった。

    【写真を見る】花澤香菜が明かす意外な弱点とは?

    ーー“フルコーラス”パフォーマンスの感想は?

    「テレビ番組でフルコーラスで歌わせていただくことが初めてだったので緊張したのですが、楽しく歌わせていただきました。カメラワークやセットを作り込んでいただいて『なんて素敵な現場なんだ!』と感激しました。歌わせていただいた『Change!』という曲は、歌詞が受動的な内容から始まって、どんどん自分の殻を破って人生を楽しんでいくというストーリーになっているので、フルコーラスで歌えるというのはすごくうれしかったです」

    ーー「Change!」の聴きどころを教えてください。

    「歌詞に『夢ばかり見ていられない そんなムードでもわたしはときめいていたい』という部分があるのですが、私自身30歳になって、自分で向き合わなければならない不安な部分だったり、『こんなふうに生きていけたらいいな』といった希望など、いろいろな思いを抱える中で、この曲を歌っていると『この曲のようにずっとときめいてお仕事や生活をしていけたらすてきだな』と思うので、聴いてくださる方にはぜひ注目していただきたい部分ですね」

    ーーニューアルバム『ココベース』はどんなアルバムですか?

    「私が個人的にずっと聴いて影響を受けたり支えてもらっていたりするアーティストさんに楽曲提供をしていただきました。ダメ元でお願いしたのですが、サウンドプロデューサーの佐橋佳幸さんのお力もあって実現することができました。心強い皆さんに支えていただきながら自分の表現したい歌を自由に歌うことができて、自分の“決意表明”のような骨太なものになっているかなと思っています」

    ーーさまざまなアーティストさんの楽曲を歌われていますが、1番苦労された曲は?

    「苦労とはちょっと違うのですが、マーシー(ザ・クロマニヨンズ・真島昌利)さんの『満月の音』は、マーシーさんにしか書けない詩の世界観があって、『どういう雰囲気で歌えばいいのだろう?』と佐橋さんに相談したら、『朗読するように歌ってみたらどうだろう』というアドバイスをいただいて、うまく歌うことができました。このアルバムの中では1番“声優としての自分”が生かされているのかなって思っています」

    ーー今、ご自身の“Change!”したい事はありますか?

    「口笛が吹けないので、吹けるようになりたいです。お仕事で口笛を吹く場面が来ると、仲間に助けてもらっているので。練習をしても一向に音が出ないんです…(泣)」

    ーー視聴者の方にメッセージをお願いします!

    「スタジオライブでフルコーラスで歌わせていただく機会がなかなかないので、本当にありがたいことだなと思っています。『Change!』は聴いていてどんどん前向きになれるすごくすてきな曲なので、ライブで歌うのも楽しみにしている楽曲です。ハマ・オカモトさんと『Change!』について話すのを楽しみにしていたので、その様子もぜひご覧いただければと思います!」

    「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」2月11日(月)の放送では、花澤が5thアルバム『ココベース』の「Change!」をライブで披露するほか、きゃりーぱみゅぱみゅ、ももすももすもゲスト出演する。


    文=原田健 撮影=皆藤健治(ザテレビジョン)

    「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」に出演する花澤香菜


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【声優・花澤香菜、意外過ぎるウィークポイントを告白「“Change!”したい」】の続きを読む


     元NMB48タレント須藤凜々花が、1月31日をもって芸能界を引退した。そんななか、配信番組「タブーなワイドショー」(ニコニコ生放送)内での、吉田豪コメントに注目が集まっている。

    「番組で吉田氏は、昨年の夏、配信アプリSHOWROOM』での須藤の告発が、世間で全く話題になっていないことにモヤモヤしていると語りました。彼によると、須藤は配信で『哲学の仕事だと言われて現場に行ったら、何の説明もなしに水着姿にされて、セクシーグラビア撮影みたいなのが突然始まって、ニップレスとかヌーブラもないまま相当ギリギリなことをやらされた』『こんな仕事やりたくてやってるんじゃない』と泣きながら語っていたそうです」(テレビ誌記者)

     だが須藤は、アイドルグループからの卒業を発表して以降、過度な肌見せグラビアは行っていない。しかしその頃、あるバラエティ番組に出演したことがあったという。

    「昨年、須藤が出演しながらも、本人は全くツイッターなどで告知しなかった番組がありました。それが夏に放送された『人生を諦める技術』(テレビ東京系)で、丁度、告発の時期と一致します。同番組は、一応哲学を扱っているものの、専門家が解説している最中に、出演者が眠ったり、お茶を飲むなどして茶化すバラエティで、その途中、グラビアなどの様々なVTRが流れるという構成です。須藤はその番組で、VTR出演していたのですが、ピエロメイクをさせられたりなど、真面目な教養番組とはかけ離れたことをやらされ、屈辱だったのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

     引退後は哲学者を目指すと伝えられている須藤。再び彼女がカメラの前に戻ってくることはあるのだろうか。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    本人の思いと周りの人の考えに温度差がありますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「説明なく脱がされた」須藤凜々花を引退に追い込んだテレビ番組とは!?】の続きを読む

    このページのトップヘ