芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    カテゴリ: 芸能



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/20(水) 11:52:13.92 ID:Ecl9nynR9.net

    2月17日放送の『アッコにおまかせ!』が、人気俳優と人気モデルの結婚をイニシャルトークで予想した。

    この日の同番組は、13日に結婚を発表したタレント・ベッキーとプロ野球・読売巨人軍の片岡治大2軍コーチについて特集。
    巨大なフリップにまとめた情報を紹介する中で、
    2人の結婚を同番組が事前予測していたことにも触れていった。

    フリップによると、今年1月6日の放送で「結婚がスクープされるかもしれない芸能人」という話題を取り扱った際、
    『サンケイスポーツ』の記者が「人気タレントBと元スポーツ選手Kがゴールイン!?」と明かしていたとのこと。
    同放送では「苦い恋愛経験を積んだタレントB」「今度のお相手との交際は周囲も応援ムード」と特徴にも踏み込んでおり、
    今回の予想的中を自画自賛したいた。

    新元号とともに超セレブ夫婦が誕生!?
    そして今回の放送では、予想を的中させた同記者にさらなる芸能スクープを直撃。
    すると記者からは「人気俳優Iとテレビでも活躍する人気モデルMが、
    新元号になったあたりでゴールイン」との回答が飛び出した他、
    「ベッキー結婚と同じくらいの有力情報」と信憑性にも自信たっぷりな様子だった。

    また、同記者によると「俳優Iは名だたる人気女優と浮き名を流してきた」とのこと。
    ネット上でもIとMの名を予想する動きが広がっているが、一体誰のことを指しているのだろうか。

    「おそらく、俳優の伊勢谷友介と、森泉の妹・森星のことでしょう。
    2人は2015年ごろから交際がウワサされるようになり、デート場面もたびたび週刊誌に激写されています。
    また、伊勢谷は長澤まさみ、吉川ひなの、広末涼子など、数々の人気女優と交際が報じられたプレイボーイ。
    『浮き名を流してきた』という今回のヒントにもピッタリと一致します」(芸能記者)

    言わずと知れた有名デザイナー・森英恵を祖母に持つ森星と、俳優業の傍ら実業家としても活躍する伊勢谷。
    2人が結婚すれば、芸能界きってのセレブ夫婦になりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1699824/

    2019.02.20 10:30 まいじつ


    【【芸能】長澤まさみを捨てて… “大物俳優I”がついに“あのモデル”と結婚!?】の続きを読む


    13歳という年齢で第609回別マまんがスクールデビュー賞を受賞した星木奈々先生による漫画『音信の雪』が2月13日に発売された別冊マーガレット2019年3月号に掲載。

    驚異の13歳デビューということで大きな話題になった星木先生。別マに漫画が初掲載されると、13歳とは思えないその画力の凄さにTwitter上に衝撃が走っています。



    小学館で漫画編集者をされている方は「長い漫画編集人生、ここまでの13歳は見たことない。」と大絶賛。

    そのほか「絵が上手い、ストーリー展開が自然で面白く、構成に無理がない」「ほんとに驚異の完成度だった」「驚異の13歳デビュー⁉️の煽りに負けないくらい内容」と、完成された絵だけでなく、話の構成力が多くの読者から評価されていました。




    1ページだけでもその凄さが伝わってきますね…星木先生のこれからに期待です。

    まだ読まれていない方はぜひ別冊マーガレット2019年3月号でご覧になってください。

    ▼購入はこちら
    https://amzn.to/2trBKvJ

    別冊マーガレット
    公式サイトhttp://betsuma.shueisha.co.jp/
    公式Twitterhttps://twitter.com/betsuma_info
    別冊マーガレットで13歳デビューの新人・星木奈々先生の漫画が凄すぎると話題に!画力だけでなく構成力も高評価


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【別冊マーガレットで13歳デビューの新人・星木奈々先生の漫画が凄すぎると話題に!画力だけでなく構成力も高評価】の続きを読む


     猫草が待ちきれなかった猫ちゃんたちの必死な様子がかわいいことになっています。はやくその猫草をわたすニャ!

    【画像:必死な猫ちゃん】

     買ってきた猫草の鉢を置きに行こうとしたところ、それを見た猫ちゃんがすぐに両前足でつかまって、立った体勢のまま食べ出す姿が目撃されています。移動しようとしても一緒にくっついてくる猫ちゃんの食いつき具合がすごい

     すると、それに気づいたもう1匹の猫ちゃんも、前足でつかまって食べようとする姿が。予想以上の大人気ぶりに、一度離してもらおうと猫草を持って下がりますが、「猫草まつニャ~!」「どこいくのニャ~!」と立ったまま追いかける2匹の猫ちゃんが、なんだか笑ってしまうあいらしさです。猫大好きおやつ「ちゅ~る」並の反応だった……!

     投稿したのは飼い主のまめさんで、今回必死な姿が目撃されたサビ柄(黒と赤・茶が混合した柄)の愛猫さんは、2歳の「あずき」ちゃん、「こまめ」ちゃん姉妹。保護猫シェルターにゃんさと/@nyansatotunako」出身の猫ちゃんで、先住猫で10歳の「レオン」くんと仲良く暮らしている日常が公開されています。ちなみに猫草は今回が初めてではなく、久しぶりだったとのことです。

     Twitterでは「すごい食いつき!」「必死すぎてかわいい」と驚く人や魅了される人が続出。また猫飼いユーザーから「あるある」と同時に「我が家は誰も食べなかったなぁ」など、猫ちゃんによって反応が違うという声も寄せられていました。

    画像提供:まめ(@xVo85zmFz0oBbPF)さん

    置く前に我慢できず食べ始めちゃいます


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「はやくその草をわたすのニャ~!」 猫草が待ちきれない猫ちゃんたちが必死すぎてかわいい】の続きを読む


     コアラっていえば、木にしがみついて寝ているか、ユーカリの葉っぱを食べているという印象が強いかと思います。午前中に動物園に見学に行くと、寝ている事が多い印象です。しかし、そんなコアラの子どもが活発に飛び回っている場面が激写され、その可愛らしい姿に見た人が魅了されています。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     この場面を撮影したのは、動物たちが大好きなツイッターユーザーの都築英哲さん。都築さんのツイートには、動物園で撮影した様々な動物たちの写真が並んでいます。その中で、ひときわ目を引くのが、コアラの子どもが活発に飛び回っている姿。「埼玉県こども動物自然公園で暮らすコアラ、ドリーの子ども。 名前はまだ投票中ってくらいなんだけど凄く飛び回る。 きっと閉園後の薄暗い時間帯などでお母さんがこうんなだと思う。 コアラポッケの中、抱っこされて、そして背中で覚えていくものだろうし。 これはとてもおてんば女の子になりそう…」と、4枚のコアラの写真とともにツイッターに投稿しています。



     この躍動感あふれる場面を見た人達からは、コアラってこんなアグレッシブでしたっけ?と不思議がる人や、こんなに動くのですね!思わず笑ってしまいましたとその姿に微笑む人も。筆者も、この写真を見た時には「コアラってこんなだったっけ……???」となりました。

     そこで、このコアラがいる「埼玉県こども動物自然公園」のコアラ舎担当者の方に聞いてみました。

     そもそもこの、コアラのドリーの子は、2018年3月28日まれの女の子。ドリーの子はかなり活発な個体だそうで、よく食べて、よく動いているそう。「お姉さんニーナもよくジャンプしていたと記憶しています」「ドリーも比較的よく動くほうです。発情時は床を歩き回るところが良く見られます」とのこと。

     一方、3週遅れで生まれたジンべランの子は今のところジャンプは確認できておらず、比較的移動範囲は狭いのだそう。「こどものコアラは、母親から離れて動くようになると、活発になり大人たちより良く動いている個体が多いように思います」と語る担当者。大人よりも元気に動き回るのは、人間を含むどの動物でもそうなのかもしれません。

     コアラは夜行性で、昼間は良く寝ているという印象なので、よく動く時間帯についても聞いてみたところ、「夜間は昼間より活発に動いています。昼間は、13:00からユーカリの交換をするのでその時間はユーカリを食べたり、探したりと、動くことが多いので(全く動かず寝ている日もあります)、来園者にはその時間をお勧めするようにしています。夕方、閉園時間近くなると動き出す日もあります。ただ、長時間寝ていてたまに起きては採食する動物ですので、確実にこの時間なら、いうのは難しいです」とのことでした。

     寝ている姿よりも、起きて活動している姿が見たいというのは多くの人が思うところかもしれませんが、夜行性の動物だとなかなか難しいところがありますよね。もし、コアラを飼育している動物園が、「ナイトズー」などの夜間開放イベントを行っていたら、コアラなどの夜行性動物が活発に動くところを見るチャンスになるかもしれませんね。

    <取材協力>
    埼玉県こども動物自然公園

    <記事化協力>
    都築英哲さん(@tsuzukiani)

    (梓川みいな)

    子コアラの躍動感がすごい! ジャンプしまくる姿が激写され可愛すぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【子コアラの躍動感がすごい! ジャンプしまくる姿が激写され可愛すぎる】の続きを読む


     2月16日(土)深夜0時、AbemaTVで放送された「全日本〇〇グラドルコンテスト -アビリティ-」にFカップグラドルの桜りんが出演。元新体操香川県代表選手という経歴に違わぬ柔軟性を披露して会場を沸かせたものの、3Dツイスター対決に敗れ涙を流した。


     この日の放送は、第2回「柔軟女王」コンテスト後半戦。優勝候補の一角である桜は、「軟体3Dツイスター」に挑んだ。同種目はパーティーゲームツイスター」のシートを床だけでなく左右の壁にも貼ったもので、柔軟グラドルたちのアクロバティックな“体位”にも注目が集まった。結果は予想通り、密着あり、大開脚ありの熱戦が繰り広げられた。

     桜の対戦相手は、驚異の軟体関節の持ち主・新井花菜。一度使用したマスは消失するという特別ルールの影響で、床のマスは次々と消えていった。新井は姿勢を崩さない範囲で対処できるマスを引き続けたが、対する桜は難易度の高いマスばかり引いてしまう苦しい展開。最終的には、顔と同じ高さのマスに左足をつく大開脚でかろうじて態勢を維持したが、続いて対処不可能なマスを引いてしまい万事休した。

     前回大会で準優勝に終わった雪辱を果たすために乗り込んできた桜は、控室に戻ると「運がなかった」とつぶやき、悔しさのあまり涙を流した。しかし運はまだ桜を見放してはいなかった。急きょ実施されることになった敗者復活戦「ムービングリンボー対決」では、やすりを貼った水着で迫りくる風船付きバーを待ち受けると、上体をみごとに反らしてクリアしてみせ、次週の準決勝進出を決めた。


    (C)AbemaTV


    【人気無料動画】
    ▶Fカップ・グラドル桜りん、“軟体3Dツイスター”で股裂け&涙

    ▶衝撃のキャットファイトはコチラ!

    ▶あわや……袴田吉彦、グラドルにセクハラ疑惑浮上



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【Fカップ・グラドル桜りん、“軟体3Dツイスター”で股裂け 涙ながらに「ちょっと無理でした」】の続きを読む

    このページのトップヘ