人気アニメ名探偵コナン』少年探偵団の少女・吉田歩美役で知られる声優の岩居由希子が18日、東京・専修大学 神田キャンパスで行われた『2019年 専修大学大学院公開講座』に登場。「いえ、そのお金は要りません。次の仕事で呼んでください」と約20年前の当時、出演したアニメ作品の収録後の打ち上げでタクシー代1万円を拒否したことで、自身の代表作となった『名探偵コナン』歩美役に起用されるまでに繋がったドラマチックな経緯を説明し会場を驚かせた。

【写真】声優業の講座を行った岩居由希子

 1995年から活動をスタートした岩居。デビュー作は『マクロス7』だそうで「オペレーターC役のあくび1つ。これが私のアニメデビューでした。本当ですよ?」と駆け出し時代を回顧。そして「そろそろ芽が出ないなら辞めた方がいいかもしれないと悩んでいた時期」に出会ったのは、アニメ行け!稲中卓球部最終回ゲストヒロイン・星野純子役だったという。

 この悩んでいた時に考え方を少し変え「『どうせ辞めるんだったら、やりたくても出来なかったことをやってみよう』と思いついてしまい、(自己)アピールすることにした」とやり残しがないように攻めの姿勢に切り替えたと告白。

 同アニメ最終回だったこともあり収録後に打ち上げが開かれたそうで、2次会、3次会…と最後まで残って参加し「終わった時は朝に近くて…。当時は千葉に住んでいたのですが、音響監督さん、ディレクターさんから『岩居ちゃん、もう帰られないだろうから、タクシー代をあげるから帰りなさい』と1万円を渡されて…。その時に『いえ、そのお金は要りません。次の仕事で呼んでください』と言ってみました。やってみたかったんですよね~」とドラマなどで見かける展開を恥ずかしそうに語りつつ「それで呼ばれたのがオーディション、『名探偵コナン』でした」と今の代表作出演に繋がっていると明かし会場を再び驚かせた。

 『名探偵コナン』が放送されたのは96年。オーディション毛利蘭役を受けたそうだが「残念ながら落ちてしまったのですが、『ちょうど誰も決まっていない役がある。小学生女の子の役が空いているよ』ということで、その音響監督さんが私を推薦してくれたんです」と起用までの経緯を明かし「後々わかったのですが、その音響監督さんは、新しい人材を発掘するのが好きな人だったみたいで。そこで、うまく噛み合い大ラッキーが起きて今に続いています。そんな約20年前でした」と感謝していた。

 専修大学大学院からの知を発信することを目的に、一般の方を対象に同講座を11月29日までの期間中、毎週金曜日に実施している。その中の企画として「漫画・アニメの役割語(全4回)」を開催する運びとなり、岩居が講義。この日は、子どもから大学生、年配など幅広い方が、岩居が明かす貴重な声優業について学び、アフレコ体験の場ではアドバイスも送られ目を輝かせていた。

歩美役に起用されるまでに繋がったドラマチックな経緯を説明し会場を驚かせた岩居由希子 (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ほえ~、凄いエピソードやね。やっぱ、チャンスを掴むってのは何らかの行動をしてこそなんだよな。


うまいね


はー、それで生き残ってくれたのか


今じゃ残像を残す謎の少女だからな・・・


PS2の「シンプル2000 THE美少女シミュレーションRPG」では、電波な巫女さんの役を演じる。ものすごく早口である。…そして何より、彼女の所属する宗教がどう見てもオ〇ムのパロである…


バルドスカイの亜季姉ぇ


人間、吹っ切れた時がいちばん強い


素直に「すげー」の一言だわ…


無人惑星サヴァイヴのルナの演技が好きだった。もう十五年以上も前になるのか...


ハイスクールテラストーリーが20年前…


成功するかしないかは二の次で、やっぱ行動を起こすってのは大事なんやなって


一瞬のチャンス掴める運と行動力がなかったらとっくに消えてるベテランもかなりの数いるんだろうなぁ


うろ覚えだけど林原めぐみもオーディションでミカン配ってた事を言ってたような


言ってみるもんだな、まあ上手くいくとは限らんだろうけど


ムロツヨシと同じものを感じたw


林原めぐみ閣下の、オーディションでスタッフにみかんを配ったら強烈な印象を残したって武勇伝もあったな(本人は覚えてない)何が仕事に繋がるかわからんねー


OPだかEDだかの映像でシュバッてくることで有名な歩美か…。


「新しい新人を発掘するのが好き(意味深)」って聞こえる俺はもうだめかもわからんね


判断は正しいかも他の人から金受け取りマスコミに目つけられたらやばいし仲間の人達から叩かれそう


「実力があって当たり前」の厳しい世界で生きている人たちは強い