芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    2019年06月


    『横山たかし』死去




    【『横山たかし』死去】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/02(日) 09:52:50.62 ID:CKtFdx8o9.net

    ◆ 草刈正雄が語る「脇役ばかりの不遇時代」と「スランプを救った大女優の一言」

    ■ 三つの試練がもたらした「草刈正雄」復活の日

     現在放送中のNHKの連続テレビ小説「なつぞら」で“おんじ”を演じるなど、ここにきて草刈正雄(66)に再び脚光が集っている。女手一つで育てられた草刈青年は、工場勤務、訪問販売員を経たのち、“月5万円”の稼ぎを求めて芸能界へ。赤貧洗うが如き環境を脱し、モデルから俳優への道を切り拓いたのもつかの間、交通事故を起こしてドラマを降板――。本人が「生き抜くヒント」を赤裸々に語る。

     ***

    〈20代半ばにして、スターへの階段を一気に駆け上がった草刈。エランドール賞新人賞を獲り、南極ロケを敢行した「復活の日」(80年公開)や、一匹狼のレーサー役を演じた「汚れた英雄」(82年公開)などのヒット作でも主演を張る。「二枚目俳優」の地位を確固たるものにしたが、当の本人は長き苦悩の始まりだったと明*。喝采を得たにもかかわらず、三たびの試練が彼を襲っていたのである。〉

     そうやって役者の仕事をするうちに、「二枚目俳優」と呼ばれることに辟易というか、率直に言って嫌だと思うようになりました。

     あの頃は、ショーケンこと萩原健一さんと共演する機会に恵まれ、こんな芝居をする人がいるんだとビックリしたり、田中邦衛さんのような、少しクセのある俳優さんに物凄く憧れて。自分はカッコイイ役じゃなく崩した役をやりたい。普段の仕事でも、そういう傾向が強くなっていったんですね。二枚目をやらせて貰うこともありがたいんですが、俳優としては伸び悩んでいた時期だったんです。

     求められるがままの役柄を演じ続けるという方法もあったと思います。だから、今となってはどちらがよかったのかは分かりません。けど、迷いが生じて周囲の皆さんに迷惑をかけてしまったのは事実です。

    ■ 脇役の仕事ばかり

     77年放送のドラマ「華麗なる刑事」で、ロス帰りの刑事を演じた時のことです。まさに「華麗なる」役柄を頂いた僕の共演者は、田中邦衛さん。九州男児の泥臭い刑事という設定で、だからこそ2人の掛け合いが面白いのに、私は邦衛さんのお芝居に感化されてしまい……。段々と泥臭い役柄にブレていき、結局ちっとも華麗なる刑事じゃなくなっちゃった。現場のプロデューサーさんも泣いていたと思います。

     なんせ、当時の僕は感覚でお芝居をやっていたところがありましてね。17歳の時に突然上京して役者としての基礎もない。劇団に所属もしておらず経験もない。モデルのぽっと出だというコンプレックスがあって自信がまったくなかった。

     芝居をずっとやってきた人は、声もよく出るし動きもシャープでした。基礎を知らないとこの先長くは続かない。そう思って僕もいろんな努力はしたのですが、勉強はキライだし(笑)。今さら劇団にも入れないと、悶々とする日々だった。

     そんな壁にぶち当たっていたのは30代半ばの頃。やはり映画やテレビの仕事がだんだんと減っていきました。昔のように主役を張ることができず脇役の仕事ばかり。それでも僕はラッキーな方で、名前だけは通っていたので役は小さくても仕事は頂けていました。とはいえ、これまでは重要なシーンで自分にズームアップしていたカメラが、スーッと横を通り過ぎて主演俳優の方へと近づいてゆく。それを目の当たりにして、さすがに寂しい思いをすることは多々ありましたね。

     もう俳優の仕事は辞めよう。そんな弱気が頭をよぎることもありましたが、逃げることはしなかった。それはそれとして、「僕にはお芝居しかない」と思っていたんですね。だからどんなに上手くいかなくてもしがみついてこれた。どうせ辞めても、学歴もないし他にやれることはない。妻と結婚した時期でしたから、経済的にもどんなに役が小さくなろうと、この道を続けると心に決めていました。

     ちなみに、結婚は36歳の時でしたが、彼女は私の芝居には一切興味がないそうで、出演作を見ることはありません。けれど仕事や私生活での悩みには常に寄り添ってくれ、傍(かたわ)らで支えてくれている。そう、役者としての数々の試練を乗り越えられたのも、こうした人々のおかげでした。

    2019/6/2(日) 8:00 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190602-00562517-shincho-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】草刈正雄が語る「脇役ばかりの不遇時代」と「スランプを救った大女優の一言」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/02(日) 09:32:56.47 ID:iAQF/x499.net

    タレントの松村邦洋(51)が31日、ニッポン放送「ラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)に出演、
    ファンの女性との不倫問題が浮上した俳優の原田龍二(48)から、写真週刊誌に報じられる前に報告があったことを明かした。

    松村は「水曜日の朝にメールで連絡来ました」と不倫報道について、事前に原田から連絡があったことを報告。
    かなりの長文で「申し訳ございません、申し訳ございません」と書いてあったため、自分が何か悪いことしたかな、とも思ったが、
    文面を読むと「週刊誌が出るので、この度は申し訳ありません」と書いてあったという。

    松村が「奥さんの方は大丈夫ですか?」と尋ねたところ、「謝りに行ったら玄関で奥さんがバット持ってる感じで“原田アウト!”と…」と状況を説明。
    原田が2017年の大みそかに出演し、話題になった日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
    大晦日年越しSP!絶対に笑ってはいけない科学博士24時」を彷彿とさせるやりとりに、松村は「いい奥さんじゃないですか」としみじみと語った。

    原田と松村は、東京・日本橋から京都・三条大橋までを名所、旧跡を巡ったり、各地のグルメを紹介する「龍ちゃん・松ちゃんのぶらり探訪・東海道」(CSテレビ、11年9月~12年10月)で共演していた仲。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16545961/
    2019年5月31日 13時24分 スポニチアネックス


    (出典 Youtube)

    ガキ使 アウトの時のBGM


    (出典 Youtube)

    田中 タイキック

    前スレ 2019/05/31(金) 15:43https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559285015/


    【【芸能】原田龍二、妻は玄関で“原田アウト!” 松村邦洋が謝罪時の状況明かす「いい奥さん」★2】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2019/06/01(土) 08:17:45.18 ID:JNhmlE+u9.net

    芸能人遭遇率が高い広尾(渋谷区)の高級スーパー。庶民派スーパーでは見かけない珍しいお菓子や、産地にこだわった青果が美しく並べられている。

    その店内で高級野菜を選りすぐる小倉優子(35)を見かけたのは、5月上旬の夕方。商品を次々とカゴに入れると、パン売り場へ寄ってからレジへ。
    二人の息子が待っているのか、足早に送迎車に乗り込み、帰路に就(つ)いたのだった。

    カリスマ美容師だった元夫の浮気が原因で離婚するも、昨年末、40代の歯科医師と再婚したゆうこりん。

    「今は幸せそのものですよ。二人の息子は、新しい父親に懐いているし、長男は難関私立小学校に見事合格。ゆうこりん自身も仕事は絶好調ですが、
    多忙な中でも料理はきちんとやっていて、夜、子どもたちが寝た後におかずの作り置きをしているそうです」(広告代理店関係者)

    今度こそ、末永くお幸せに。

    『FRIDAY』2019年6月7日号より

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190601-00010002-friday-ent
    スーパーで夕ご飯の買い物をする小倉優子。平日は、毎朝4時に起き、家族の朝食や子供のお弁当を作っているそうだ

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】再婚した小倉優子「広尾の高級スーパー」でのお買い物姿】の続きを読む


    ASKA 約6年ぶりとなる待望のバンドツアー開催!


    NO.7501224 2019/05/31 22:55
    ASKA 約6年ぶりとなる待望のバンドツアー開催!
    ASKA 約6年ぶりとなる待望のバンドツアー開催!
    ■待望のバンドツアー開催
    昨秋、米国を拠点とする音楽ブランド、ビルボードのプロデュースによる、ポップス&ロックとクラシックを融合したオーケストラ・ツアー「billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-」で、約5年振りに新たなスタートを切ったASKA。

    新しい音楽の可能性を示したASKAが、約6年振りとなる、待望のバンドツアー「ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA -40年のありったけ-」を開催。

    2月6日のオリンパスホール八王子公演を皮切りに、全国13都市、追加公演を含めると、全17公演に及ぶツアーは、各地で完売が相次いだ。

    ■約7年振りの日本武道館!
    約7年振りとなる、日本武道館でのコンサート。

    ASKAが2020年のオリンピックテーマ曲をイメージして制作したインスト曲が、会場内に荘厳に鳴り響き、幕が上がった瞬間、武道館という広大な空間で、ステージ上と客席とが一体となった。

    ■「今」だからこそできる表現に
    「LOVE SONG」や「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」、またアンコールで披露された「YAH YAH YAH」などの楽曲のほか、「今がいちばんいい」や未発表曲「歌になりたい」など、新曲を多く織り交ぜた内容となっている。

    約6年振りとなる自身のバンドツアー。

    本来であれば代表曲だけで構成されてもおかしくないところ、多くの新曲を織り交ぜた内容で構成された今コンサートでは、デビュー40周年にも関わらず、「今」だからこそできる表現に挑んだ、現在進行形のASKAの姿がうかがえる。

    ■LIVE CD及びDVD/Blu-rayの発売決定
    その感動の追加公演初日・日本武道館公演の模様を完全収録した待望のLIVE CD及びDVD/Blu-rayの発売がついに決定。

    DVD・Blu-rayでは、2019年4月23日(火)に日本武道館で行われたライブの模様と、当日のバックステージを追ったドキュメント、そして公演を終えた本人へのロングインタビューを収録する。

    ■ASKAが武道館に帰ってきた!
    <UtaTen編集部からのコメント>
    約7年ぶりとなる日本武道館公演。

    ASKAが日本武道館に帰ってきました。

    40年の年月の中でASKAの音楽に触れてきた様々な人達にとっては待望のコンサート!

    各地でチケットもソールドアウト!さすが、昭和、平成のレジェンドです。

    代表曲だけで構成するのではなく、新曲も多く取り混ぜたところに、これからの意気込みを感じます。

    感動の公演、その音源と映像がこの夏発売されます。

    ASKAの人気曲を思い出しながら、楽しみにして待ちましょう♪
    【日時】2019年05月31日
    【提供】UtaTen
    【関連掲示板】


    【ASKA 約6年ぶりとなる待望のバンドツアー開催!】の続きを読む

    このページのトップヘ