芸能人情報まとめ

芸能関係の情報をまとめて配信しています。
気になる芸能情報をチェックして下さいね。

    2019年05月



    NO.7499123
    小倉優香にアンガ田中激高?「この子はダメだ。質が悪い」
    小倉優香にアンガ田中激高?「この子はダメだ。質が悪い」
    グラビアアイドルで女優の小倉優香(20歳)が、5月29日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBS)に出演。アンガールズ・田中卓志(43歳)から「俺と他の芸人どっちがいい?」という質問に答えた。

    話の流れで、田中は小倉に対し、NON STYLEの井上裕介(39歳)と比べてどちらがいい?とたずねると、小倉は「田中さん」と即答。

    さらに三四郎・小宮浩信(35歳)と比べても「田中さん。小宮さんは裏が怖そう。(闇が)深そう」と答える。安田大サーカス・クロちゃん(42歳)については、小倉も「究極の選択」と悩みながら田中を選択した。

    一方、キングコング・西野亮廣(38歳)を小倉が選ぶと、田中は「なんでだよ!あんなクソ人間、あんなの最低ランクの人間だろ」と声を荒げる。

    さらにダイアンの津田篤宏(43歳)を小倉が選ぶと「なんでだよ!あんなのクソ浮気ばっかりしてるクソ人間中のクソ人間!」と激高。また小倉がピース・綾部祐二(41歳)を選ぶと、田中は「なんでだよ!あんなニューヨーククソ人間!」と、その日一番の怒りを見せ、小倉に対し「この子はダメだ。質が悪い」と吐き捨てた。



    【日時】2019年05月30日 16:38
    【ソース】Narinari.com


    【小倉優香にアンガ田中激高?「この子はダメだ。質が悪い」】の続きを読む



    NO.7492689
    山口真帆「研音」所属に“第2の伊東美咲”を懸念する声
    山口真帆「研音」所属に“第2の伊東美咲”を懸念する声
    NGT48を卒業した山口真帆の所属先が「研音」に決まったことが、5月25日に発表された。

    研音といえば、唐沢寿明、反町隆史、竹野内豊、山口智子、天海祐希、菅野美穂、川口春奈、榮倉奈々といった、テレビドラマなどでお馴染みの俳優や女優が多数在籍する、超が付く“大手”。

    AKB48グループ出身者としては初の所属となり、“大栄転”ともいえる。

    「NGT48に残ったメンバーたちからすれば、この上なくうらやましい移籍でしょうね。スポーツ紙によれば、研音側は山口の『令和の時代に合った発信力』を評価し、卒業後にアプローチをかけ、本人と話して決まったとか。今後は女優に挑戦していくことになりそうです」(芸能記者)

    ネット上では「令和のシンデレラストーリーだね」「研音なら守ってくれそう」「スカッとした」と、多くの人が祝福。

    山口へのエールが連打されている。

    一方で、演技派俳優が多い事務所に在籍したことによって、不安の声も……。

    「一連の騒動で知名度だけは爆上げとなった山口ですが、世間の大多数は彼女が演技しているところも、歌っているところも、バラエティに出ているところも見たことがない。これから演技の勉強はするのでしょうが、彼女には滑舌が悪いという弱点もある。そのため、一部からは『かわいそうだとは思うけど、演技が下手なうちは推せない』というシビアな意見も聞かれます」(週刊誌記者)

    そんな声と共に、テレビ関係者は山口が研音所属の“あの女優”の後継者になることを懸念する。

    「伊東美咲ですよ。彼女は1999年にアサヒビールのイメージガールを務めたのを機に注目を浴び、『電車男』『危険なアネキ』(共にフジテレビ系)と話題の連ドラに多数出演。端正なルックスと清楚なイメージから、2000年代前半はトップクラスの人気を誇る女優の1人でした。しかし、彼女は“大根女優”としても名高く、私生活や交際関係についても、実情は清楚というよりは奔放に近かった。山口もルックスはピカ一ですが、清楚というイメージはない。もし棒演技のままゴリ押しされれば、『第2の伊東美咲』と揶揄されるかもしれません」

    伊東はパチンコ企業の御曹司との結婚し、そこが「ゴール」となったが、山口も闇の深い芸能界に見切りをつけて、さっさと玉の輿婚してしまうかも?
    【日時】2019年05月28日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【山口真帆「研音」所属に“第2の伊東美咲”を懸念する声】の続きを読む


    『池田エライザ』auCMに登場




    【『池田エライザ』auCMに登場】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/28(火) 20:01:06.82 ID:cziMV/KA9.net

    昨年7月24日に4歳下の整体師、國光吟さんと結婚した元フリーアナウンサー・小林麻耶さん(39)が28日、ブログを更新。
    夫婦揃って出演した30日放送のフジテレビ「直撃!シンソウ坂上」の予告動画をアップし、PRしている。

    麻耶さんは結婚直後の昨年8月3日、芸能界の引退を表明した。
    今年4月19日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に國光さんと夫婦でテレビ初出演。今回が2度目の出演となる。

    麻耶さんは引退前に「バイキング」のレギュラーを務めており、「シンソウ-」のMCである坂上忍を相手に、時に涙で胸中を激白している。

    予告動画では「本当に死にたかった」などと引退の“真相”を語ったほか、國光さんとのハワイ旅行に“独占密着”した映像も。
    ハワイのビーチを手を繋いで歩く姿も流れ、國光さんを前に「結婚してくれて本当にありがと」と麻耶さんが涙で感謝。國光さんも涙する映像となっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16530858/
    2019年5月28日 19時33分 デイリースポーツ


    【【芸能】小林麻耶さん 夫婦でTV出演の予告で「本当に死にたかった」と涙】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/05/29(水) 18:29:40.78 ID:xnBrXk5/9.net

    講演会での差別発言が原因で日本維新の会から公認停止の処分を受けているフリーアナの長谷川豊に、同業のアナウンサーが激怒した。長谷川に対しては、古巣であるフジテレビの関係者からも表立っての批判が飛び交っているが、ついに局外の同業者からもクレームが付き始めたのである。

     フリーアナの赤江珠緒がパーソナリティを務めるラジオ番組「赤江珠緒 たまむすび」(TBSラジオ)では、5月27日放送の“週刊ニッポンの空気”コーナーにて、長谷川の差別発言について言及。コメンテーターの青木理氏は長谷川が奈良出身であることに触れ、「関西というのは被差別部落が歴史的に多いところなので教育もあるはず」と指摘した。すると、兵庫出身の赤江も「あるある!」と同調。次いで青木氏が「およそ考えうる中で最悪の発言」と長谷川を糾弾すると、赤江も「そうですよね、私も(動画を)見ました。何を言いたいかもわからない」と舌鋒鋭く長谷川を批判。そして青木氏が「こういう発言をされている方がよくキー局のアナウンサーをされていたな」とアキレた様子を見せると、赤江は「そこが腹立たしいんですよ!」と興奮が収まらない様子を見せていた。

    「続けて赤江は『声だけアナウンサーの声として、いい声で言うから、めちゃくちゃ腹立つ!』とまで発言。長谷川が“元テレビ局アナウンサー”であることを痛烈に批判したのです。これまで放送業界では長谷川のアナウンサーという肩書を表立って批判することは避けられてきましたが、事が差別発言にまで至ったことで、もはや“同業者”の括りでかばう気も失せたということでしょう。この赤江の批判をきっかけに、今後は他の番組でも長谷川に対して《元アナウンサーなのに》という形での批判が続出するのではないでしょうか」(放送作家)

     その“いい声”ゆえに、講演会や街頭演説で活躍していた長谷川だが、今ではその美声がかえってアダになってしまったようだ。

    2019年5月29日 17:59
    https://www.asagei.com/127468

    写真
    (出典 cdn.asagei.com)


    【【芸能】<長谷川豊の差別暴言>赤江珠緒が「いい声で言うから、めちゃくちゃ腹立つ!」大憤怒批判!】の続きを読む

    このページのトップヘ