好きな声優がテレビに出ても嬉しくない?

一昔前は"声優特集"という括りくらいでしか声優を地上波テレビで見る機会はなかった。ただ、声優人気の高まりから最近はバラエティ番組でも、声優がグラビアアイドルお笑い芸人と一緒にひな壇に座っている光景は珍しくない。

ただ、声優がバラエティ番組に出演している様子を見ると、胸がソワソワする人も少なくない。ガールズちゃんねる7月29日「声優のバラエティ番組出演」というスレッドが立った。

声優がバラエティ番組に出演すると、共演者とノリが違うために結果としてスベっている姿をよく見かけるというスレ主。他にも、イケメン美少女声優とやたら持ち上げられることにも違和感があるといい、テレビで声優を見るたびに複雑な気持ちになるという。(文:石川祐介)

【関連】「声優は表に出るべきではないのかも」人気声優・梶裕貴が持論語る

「見てるこっちがいたたまれない気持ちになる」

スレ主に共感するという人からは、

テレビで甲高いアニメ声出すと、『あ~すごいですね~!』みたいな周りの出演者の空気も相まって、見てるこっちがいたたまれない気持ちになる」
キャラが立ってない人はきついね。空気になってる」
「皆知ってるような大御所声優ならともかく、知る人ぞ知る、だと微妙な空気になるよね」

という声が出ていた。声優はバラエティ番組に出演すると、どうしても浮いてしまうため"悪目立ち"しやすいのだろう。クラスや職場に馴染めていない人を見るような、切ない感情を覚える視聴者も多いみたいだ。

7月25日放送の「VS嵐」(フジテレビ)に宮野真守さんと梶裕貴さんがゲスト出演していたが、

宮野真守さんは声優の中ではとても面白い方で地上波出演も多い方ですが、大衆向けバラエティとは相性が悪いですし、正直ファン目線で見ても滑ってました」

と厳しい声も。他にも、「声優は裏方でいてほしいので、あまり露出してほしくない」と考える人もいる。声優がバラエティ番組に出ることに微妙な気持ちになる人は、様々な理由を抱えているようだ。

共演者のツッコミが上手ければ声優もハマる?

セリフ言ってもらって、『本物だー!』の流れ」

声優が出演した際、担当しているキャラクターセリフを言ってもらうという"お決まり"に辟易している人もいた。声優が担当キャラセリフを発した時に、共演者が適切なツッコミやリアクションができないことも、声優が浮いてしまう要因なのかもしれない。

とは言え、バラエティ番組で声優を見るようになったということは、それだけ声優に需要があるということだ。声優がドームアリーナライブをすることは多くなり、オリコンランキングでも声優が歌った曲は上位にランクインすることは珍しくない。山寺宏一さんや金田朋子さんのようにバラエティで活躍している人もいる。今後は声優も勝手がわかってくれば違和感はなくなるのではないだろうか。




(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ミラクル9とかもきっついよね


これはわかる。金朋ぐらいぶっ飛んでれば声優というより芸人のノリなのでバラエティへの親和性()もある意味高いが、「人気ある若手」くらいだともはやあの中では普通の人なので


実写番組でのアニメ声が非常にアレルギーに感じる。以前花澤香菜がぶりっ娘ぶったアニメ声で朝の「とくダネ」に主演した時は悪いけど非常にキモかった。


アニメ映画にタレントが登場すると微妙な気持ちになります


本人も慣れてないし、番組側も「○○の声やってくださいよ~」みたいな寒いフリしかできないので最高に痛い。山ちゃんクラスに場慣れしてればいいけど


皆さんこんにちは、ナージャです!


声優が一般認知されているという勘違い


共演するとなんだかんだでプロの芸人と*ごいんだなって感じることが多い


全く別の業界みたいなもんなのに雑に放り込んでるから微妙になるんだよ。番宣の俳優女優だって十分滑ってるけど周りがヨイショ慣れしてる。でも声優のヨイショの仕方は分かってないから滑らせっぱなしになってる。


声優さんはやはり声で勝負すべきだと思うのよね。しゃべくり007三浦祐太郎の回で冴えカノの加藤恵(安野希世乃)が出演した時、冴えカノなんか知らないであろう芸人達を加藤節でやりこめた時は見事だったw


別の立場で考えてみればいいよ。大好きなアニメに芸能人がごり押しで登場したり声優として出てくると微妙な気持ちになるでしょ


何年も前から大御所声優たちだっていろんな番組に出てるし、餃子大使としてバラエティーどころか通販番組に出た女性声優も居るってのに何を今更。


大御所声優もどことなく空回りしてる感。トーク以外のバラエティはバラエティ向きに任せるしかないね。


結構前からだけど、バラエティ番組って声優を珍しがって扱っている感があるね。で、場慣れしていない声優に対して「○○役をやって」とせがんだりして、実際やってみたらスタジオ内で微妙な空気が流れてしまう。


映画を見て主人公の名前を覚えても、俳優の名前は全く分からない。アニメは大好きだが、名前で認識できる声優は2.3人。そんな俺にはどうでも良い事にしかなり得ない。


富野由悠季氏がマツコのバラエティーに出たときはめちゃくちゃ面白かった。あそこまで総合プロデュース力が練れてないと浮くんだよね。声優は中途半端で、言われるがままの素人より痛々しくなる。


一般向け・声豚向け問わず、声優が出る番組は“空気感が微妙”なので見ないようにしてる。


「バラエティに出ると」寒いよな。特に東京の笑いはミスらせて見下す演出が多すぎて、寒い寒い。


まあこういうバラエティ出演経験も俳優声優の演技に多少なりとも生きてくると思うのでどうぞどうぞと思う。微妙な気持ちになるので見ないけど。


「たまに」バラエティに「声優扱いで」出てくるから浮くんだ 新人俳優が新ドラマ宣伝で特番に出てきた時と原理は一緒 逆に言えば普段からバラエティで行ける声優も結構いると思う