武藤敬司さんが35年前の新日本プロレスとの契約書等を発見しツイート 「代表取締役 猪木寛至」にファン興奮



7月4日夕方、プロレスラー武藤敬司さんが『Twitter』にて

家の片付けをしていたら、新日本プロレスの入門が決まった時の貴重な書類を発見!!

ツイート昭和59年(1984年)の書類を掲げている写真をアップした。
新日本プロレスの練習生になるときの書類と思われ、相手が

新日本プロレスリング株式会社
代表取締役 猪木寛至

となっており、

「代表取締役社長! 猪木寛至!」
「代表取締役社長 猪 木 寛 至 というパワーワード

と興奮する人が多数いたようである。
また、しばらく後に

35年前にデビューした年の、初めての契約書も発見!!
吉本興業とは違うな!

ともツイート。現在、芸人と契約書を交わさないことが話題になっている吉本興業について触れ、こちらも反響を読んでいたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
武藤敬司さんが35年前の新日本プロレスとの契約書等を発見しツイート 「代表取締役 猪木寛至」にファン興奮


(出典 news.nicovideo.jp)




はろ

はろ

レスラーですら契約書を交わしているというのに…

sorahiko

sorahiko

怪我したときの治療費やらなんやらで、書面に起こしとかないと逆に大変な印象があるな

ブルーノ

ブルーノ

ちゃんと保管している。社印と代表者印を押してある。意外な一面が見られた。

クゥルル

クゥルル

あと2,30年もすれば鑑定団案件に

龍華

龍華

早くラミネート加工して保存しておかねば!

十三

十三

後のスペースローンウルフである。

囚人老兵

囚人老兵

話は違うが、猪木をモデルとした創作物はかなり多いが、馬場をモデルとした創作物は猪木と比べると圧倒的に少ないのは何でだろう?