叶姉妹、親子問題に「子供は圧倒的に無力」と持論 「皆で守っていきたい」と共感の声



叶姉妹(画像は叶姉妹公式Instagramスクリーンショット

叶姉妹の妹・叶美香が、27日自身の公式ブログを更新。「責任を果たせない親」について語った姉・叶恭子のファビュラスな格言を綴った。

 

■家庭問題に関する格言

自身の格言の中で「子供は親を選べず、生まれてくる環境も選ぶことができません」と語り、「子供は圧倒的に無力な存在」だと訴えた姉・恭子。

続けて、「家庭」にあるべき姿とは、「子供にとって安心できる場所」だと考え、「子供の成長を親がおびやかしている場合、その『家庭』は、できるだけ迅速に逃げ出さなければならない場所となります」と自身の価値観を語った。

 

■共感した読者から

虐待など、家庭問題が後を絶たない昨今。このブログを読んだファンは、強く共感し心を動かされた様子。

「本当にそう思います。子供たちの助けを求める声はもちろんのこと心の叫びに気づけるよう、皆で守っていきたいですね」

 

「子供が安心して過ごせる場所が増えるといいですね」

 

中には、実際に子供を手助けするような活動を行っている人も。

「知人の紹介で、ネグレクトな子供の話し相手をしたり料理を教えたり、少しでも子供たちに変化があればと思いながら過ごしています。昨年の豪雨災害では、未就学児童を夏休みだけ引き取ったこともありました。今後も続けたいと思いますね」

 

■親を憎んだことがある?

しらべぇ編集部が、全国10代~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の35.1%が「親を憎んだことがある」と回答した。

この結果を男女年代別に見てみると、全体的に男性よりも女性の割り合いが高いことが判明。中でも、30代は47.7%が親を憎いと感じた事がある人が多いようだ。
親調査

「近くにいる大人は、そのような助けを求める子どもの声に敏感になって悲惨な出来事が少しでも減りますように…」と願いを込め格言を締めくくった恭子。当事者同士ではなく、周りの協力も必要不可欠だということを改めて感じさせられる言葉である。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

叶姉妹、親子問題に「子供は圧倒的に無力」と持論 「皆で守っていきたい」と共感の声


(出典 news.nicovideo.jp)




ハムスター

ハムスター

よぉ男装モッコリで中国産(嘘)の動くフォトショップで誤魔化すピチピチ世代(仮) 美を求める姿はどれだけ老いても美しいのか? 生理が止まったらヤバいんじゃない? っと追い込もう それが求められたは私たちだ 決して下に渡してはならんでしょう それが出来ないならどんな存在でも殴る

はこ

はこ

守りすぎたことで我が儘になってるものを実際に見てるのでほどほどに、としか言えないです。 守る側が手を出せないのを知っていて気に食わないことがあると暴れるんですよ…

かに(ずわい)

かに(ずわい)

確か恭子さんの親父が毒親で金せびってくるくそ野郎で、駐車場で殴られたから傷害で警察突き出したんだよな

ハムスター

ハムスター

OK 先行者は大体しか理解出来ないだそれを精密に追跡する手段があればいいのだろう? 勿論! 対象物の不名誉な過去を取り除き! かつ 美しい点だけを報じればいいのか? それは無理ですね 罪を犯したなつぐわ無ければなけない。イスラエルとガザは未成年に燃料をかぶせて焼死させました☆ ブッ殺してやる!

くぁzwsx

くぁzwsx

ゆたぼんのことか

ピザリック

ピザリック

おかしな甘やかし方をするのは良くないが、普通に甘やかすのはいいことだ。

Kruz

Kruz

人は基本的に、与えられた環境に依存します。私自身も、人生で一番大事なのは居場所だと確信もしています。 人は必ず親にこの2つを与えられます。 そうやって親に与えてもらっている側の子供が、親に対して強者であるはずがありません。 【環境】と【居場所】という点を軸に【人生】というものを考えれば、自ずと正しい答えが出てくると私は考えます。

紅烙

紅烙

会話だけで間違いが正せるなら警察いらん。

ようこそ

ようこそ

>守りすぎたことで我が儘になってるものを実際に見てるのでほどほどに←「オマエラが私に手を出せない事は知ってるんだよ!」とか言いながら人のクルマの上に登ってガンガンとびはねてる9歳の女の子のニュースあったな

92

92

叶姉妹まじでだいすき

藤原慶介

藤原慶介

つべこべ言う前に「毒になる親」は読め。製造物責任を負わずに親になろうと思ってる奴らはよ