おぎやはぎ小木、宮迫と田村亮へのコメントに視聴者騒然 「恨みでもあるの」



小木博明26日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にお笑いコンビおぎやはぎ小木博明が出演。「闇営業」問題で謹慎処分となった雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号田村亮について言及した。

 

■出演部分がカットされて「ムカつくな」

今回の騒動により、亮が出演している『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では出演部分をカットされて放送。

共演していたおぎやはぎ・矢作兼は、放送を見て「亮くんがもうばっさり。そのおかげで俺たちのカットが増えていて、ちょっとよかったです」とコメントした。

小木は「ムカつくな。もうちょっと俺面白かったと思ったのに。アイツのせいで俺との面白いくだりもカットされた」と不満をあらわにし、彼らについて「最初の嘘がね、全てだったと思いますよ」と騒動初期の対応が悪かったと主張する。

 

■「向こう側の人間に見える」と毒舌

さらに、宮迫らが「反社会的勢力だと気づかなかった」と言っていたことについては、「あの人たちが反社っぽい格好をしていますし、気づかないだろうなと思いますよ」と毒舌で切り捨てる。

矢作から「やめろ、本当に」とツッコミが入ったが、「風貌とか。宮迫さん、亮くんもそうだけど、あれ向こう側の人間に見えるじゃないですか」と続けて笑いを誘った。

■ネットの反応は…

芸人仲間をバッサリと切り捨てる発言に、ネット上では「いいこと言った」「面白い」「ほんまにむちゃくちゃ言うとるな」と称賛する声があがった。

しかし、一方で「いくら何でも言いすぎだろ。宮迫に恨みでもあるの」と否定的な意見もみられた。

 

■見た目がその人の多くを語っている?

宮迫や亮について「反社っぽい格好」「向こう側の人間」と批判した小木だが、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「見た目」に関する意識調査を実施したところ、約半数が「見た目がその人の多くを語っていると思う」と回答している。

もしかすると、小木の意見に「やっぱり」と共感する人も少なくないのかもしれない。

多くの芸人たちが言葉を慎重に選んでコメントしている中、毒舌というかたちでコメントした小木。もしかすると、彼なりのエールなのかもしれない。

・合わせて読みたい→雨上がり宮迫がストーカー被害の恐怖を激白 その内容に「怖すぎる」と悲鳴も

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

おぎやはぎ小木、宮迫と田村亮へのコメントに視聴者騒然 「恨みでもあるの」


(出典 news.nicovideo.jp)

つば九郎のむすこ

つば九郎のむすこ

期間が経って色々と詳し事が判明してきた。入江の取り分、別に報酬あったとか。各タレントの報酬配分額も出て宮脇・田村は数十万円、後の人は10万から20万で下は5万円以下とか。5万円以下の取り分で1年ぐらいの仕事なしの謹慎なんて。これだから「直営業」は危険でしてはダメと言われる。反社会関係者から足元見られて嘗められたものだよ。