加護亜依、13年ぶりのW(ダブルユー)復活で「やっぱり最高、最強の私の相方」 辻希美は産後3カ月でステージ



 元モーニング娘。辻希美さんと加護亜依さんが3月30日幕張メッセで行われたコンサートHello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」のステージで13年ぶりにW(ダブルユー)を復活。2人はそれぞれのSNSを通して、久々にコンビステージに立った感動を言葉にしています。

【画像】ダブルユーの別ショット(2枚)

 2人はトップバッターで登場し、アップテンポな曲調の「ロボキッス」で息の合ったダンスを披露。現役のハロプロメンバーを従えて再登場するとパワフルな「ミニモニ。ひなまつり!」と「ラッキーチャチャチャ!」で会場を沸かせ、現役のモーニング娘。メンバーと「I WISH」を歌った際には、加護さんが思わず感極まって涙する一幕もありました。

 感動のステージ復活を終え、「13年越しの辻加護 ダブルユーでぇ~す」とピースサインをぴったりとくっつけたWポーズキュートな2ショットSNSに投稿した辻さん。他にも13年のブランクを感じさせない加護さんとの仲睦まじい2ショットを投稿し、「やっぱり最高、最強の私の相方」「一緒に立つステージは凄く安心感があり、自分にもの凄いパワーが出ます」と壇上での感動を思い返しながら素直な気持ちを吐露。また、復活までに13年という長い時間がかかったからこそ「感動や有り難みを感じる事ができました」としみじみと語っています。

 同日、加護さんも興奮冷めやらぬ様子でSNSを更新。「ずっと待っててくれたのは、のんでした」と辻さんへの感謝の言葉を述べ、「実は19年前の今日、私達がオーディションに合格した日なんです」と、3月30日が2人がアイドルとしてスタートを切った記念日だったことを告白。「やっぱり運命の人は のんだって そんな人に出会えた事、誇りに思う」と辻さんへの心からの思いをつづり、「これからもずっと双子じゃないけど双子みたいな関係でいられます様に」と、未来への展望もつづっています。やっぱり2人が一緒にいると安心する。

 辻さんの夫で俳優の杉浦太陽さんは、「本当に、、、あいぼんとの相性は最高だわ」「2人揃うとオーラが跳ね上がるっ!!!!!!」と絶賛。辻さんは産後3カ月でのステージだったこともあり「よくぞ…努力してきたもんね…」と敬服し、「また2人でステージに立てる日が来ることを願い…」と長年そばで見守ってきた立場からメッセージを送っています。

W(ダブルユー)ポーズをキメる2人(画像は辻希美オフィシャルブログから)


(出典 news.nicovideo.jp)