【声優】神谷明、バースデーケーキに大感激!「リョウちゃんお誕生日記念舞台挨拶付き“もっこり”応援上映会」



 公開から1カ月半が経っても勢いが止まらない『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』。3月26日が本作の主人公・冴羽リョウ誕生日であることから、同日TOHOシネマズ新宿にて「リョウちゃんお誕生日記念舞台挨拶付き“もっこり応援上映会」が行われ、冴羽リョウ役の声優・神谷明槇村香役・伊倉一恵らが登壇した。

 原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”『シティーハンター』が、2019年に長編アニメーション映画として復活を遂げた。その名も『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』。


 新宿を舞台にさまざまな依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽リョウ。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋だが、無類の女好き。相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとするリョウを時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとしてリョウを支え、互いに成長していく。


 2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いた北条司による原作は、1985年週刊少年ジャンプ」で連載開始。87年にTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっている。そんな『シティーハンター』が2019年、<現代の新宿>を舞台に完全新作オリジナルストーリーで復活した。


 2月8日(金)から全国251スクリーンで封切られた本作は、衝撃の“もっこり”大ヒットスタートを記録。アニメ作品では週末興行収入ランキング1位に輝き、SNS上でも絶賛の声が後を絶たない。


 現時点でのトータル興行収入は、累計14億5000万円を突破し、観客動員もついに100万人を突破。昭和の終わりに始まった“シティーハンター伝説”が、平成が終わりを告げる今年、“新たな伝説”として再び輝きを放ち大注目を浴びている。

 そしてこの度、3月26日主人公・冴羽リョウ誕生日であることを記念し、急きょ《リョウちゃんお誕生日記念舞台挨拶付き“もっこり応援上映会》が行われ、原作者の北条司、本作の総監督を務めたこだま兼嗣、冴羽リョウ役の神谷明槇村香役の伊倉一恵サンライズの制作プロデューサー小形尚弘が登壇した。


 今回の舞台挨拶は全国70の劇場でライブビューイングを実施しており、神谷は「こんなに多く舞台挨拶の壇上に立ったのは人生で初めて。皆さんの声援のおかげです」と感謝の気持ちを述べた。また、「お客さんの反応で一番心に残ったこと」を聞かれた伊倉は「お客さんの気の利いたツッコミに笑っちゃう」と笑顔で答えた。


 公開から1カ月半ほど経ってもまだまだ勢いが止まらない本作は、観客動員数100万人、興行収入14億を突破しており、こだま監督は「100万人突破ありがとうございます。たくさんの方に観ていただけて本当にうれしいです」、北条先生は「30万人いけばうれしいな、50万人いったら奇跡。100万人というのは信じられない。感無量です」と驚いた様子で語り、小形プロデューサーも「想定以上の大ヒット。本当にありがとうございます」と、改めて感謝の言葉を口にした。

 そして、26日は冴羽リョウ誕生日、31日は槇村香誕生日ということで、バースデーケーキが用意された。リョウと香のビジュアルが描かれたケーキが出てくると、会場からは「Happy Birthday to You」の大合唱とともに温かい拍手が送られ、神谷をはじめ登壇者一同は感激した様子で、壇上で写真を撮り合いながら喜びを語った。


 最後に神谷は「夢のようです。かかわった多くのスタッフを代表して、感謝申し上げます。全国の方からの声援もちゃんと届いています。これからも上映が続く限り、応援してください」と本作の大ヒットに改めて感謝を伝え、イベントは幕を閉じた。



(出典 news.nicovideo.jp)




特別トータルセット

特別トータルセット

生きるレジェンド

特別トータルセット

特別トータルセット

生きるレジェンドなのに不遇過ぎたなあ