【画像有】60歳・吉田鋼太郎、ゲーマー歴約40年告白 『FF』1~15プレイで「今、オンラインやっている!」



 俳優の坂口健太郎(27)と吉田鋼太郎(60)が24日、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(6月21日公開)制作発表会に出席。ゲームを題材にした作品にW主演する2人は、『ファイナルファンタジー』(FF)シリーズを網羅した「ゲーマー」だと熱弁した。

【写真】FF愛を熱弁した坂口健太郎

 同作は、息子であることを隠して父親とオンラインゲームファイナルファンタジーXIV』をプレイする親子の実話をつづったプレイヤーの人気ブログが題材。累計アクセス1000万件を超えネット上で話題となり、その後書籍化、2017年4月に千葉雄大(息子)と大杉漣さん(父)で実写ドラマ化された。

 キャストは息子・岩本アキオ役を坂口、父・岩本暁役を吉田が担当。2人は『FF』を初期からプレイするゲーマーで、坂口は「原作も読ませていただいて、『FFXIV』は実際にプレイしていて、すごく楽しいです。『FF』シリーズはほとんどやっていて、その面白さを伝えられたらと思います」と意気込み。

 大杉さんの役を受け継ぐ形となった吉田は「大杉漣さんと何回かお仕事をしていて、大好きな尊敬する先輩。亡くなったことは残念ですが、その役をやらせていただくのは光栄で、責任重大だなと感じています」としみじみと語った。

 映画の撮影は現在行われており、ビデオメッセージを寄せた野口照夫監督は「坂口さんは、かなりのゲーマー。『FF』を昔からガッツリとやっていて、オンラインゲームもやるなどゲームリテラシーが高い。吉田さんも『FF』をやっていて、グランツーリスモもやっているなど意外な一面があった」と報告した。

 これを聞いて坂口は「僕はゲームが大好きで『FF』シリーズはほぼ全作やっている」とにっこり。ゲーマーの一面を明かされてざわついた会場に対して吉田は「大きな声で言いたいのですが、僕らはゲーム世代。20歳くらいの時にファミコンが登場(1983年発売)して、それに飛びついてやり始めた。ファミコンスーパーファミコンプレイステーションから全部やっている。『FF』も1からずっとやっている!」とゲーム歴約40年だと熱弁。

 さらに「15のオンラインバージョンの…。これを『やっている!』と言っても知らない方が多いのですが、会場にいる方は専門の方なので言いますと…」とゲーマーファンをイジりながら「15のオンラインバージョン『戦友』を今やっている! ダウンロードするのに3日間かかった」とゲーム愛を爆発させた。

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』制作発表会に出席した(左から)坂口健太郎、吉田鋼太郎 (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)




来閏

来閏

まあ、インベーダーゲームから数えると現役世代が還暦過ぎてもおかしくないよなあ

トレバー・フィリップス工業

トレバー・フィリップス工業

ゲームが好きなんだね!『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼』っていうゲームが面白いからやってみてね!ゲーマーなら気に入ると思うよ!

なし

なし

こいつリリーフランキーじゃねえの

シンビオス

シンビオス

なお本業はただ煩いだけである

taketake

taketake

光のお父さんとかあるから光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士に関係あるのかとおもったら全然違った